★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
12/30 今年最後の稽古
 「Nobody」の稽古を行なう。
 毎回毎回、説教タイムがある。しばらくぶりだ、こんなに文句ばかり言っているのは。文句を言ったからといってスッキリするはずもなく、まったく疲れるから言ってる方も実に嫌な気分を味わう。だから文句など言いたくはないに決まっているのである。
 それでも言わざるを得なくなるのは、コミュニケーション能力の欠如は根本的に舞台に載る気があるかどうかが問われるからである。みんな、ぶつかり合わない。だから、なにをどうしたいのか、見えてこないのだ。互いに互いを甘くかばい合って、強く良い関係性を結ぼうとしない。これは大問題である。強い関係性を作ろうと思ったら、必ずコンフリクトも起きてくるだろう。しかし、ぶつからない。相手を思いやるというより、自分自身が嫌われたくないのだろう、だから決して強い言葉を吐かない。みんな、異様に優しい。さらに突っ込めば、他人に無関心である。だが、他人に無関心で舞台などできるはずがない。人に優しいのは、決して本当に優しいのではなく、表面的な軋轢の回避から来る、表面的な気味の悪い優しさであって、本当は冷たさ以外のなにものでもない。
 いつの間にか、時代はこういう気味の悪い優しさ、冷酷さの時代に突入してしまっている。
 たぶん皆、文句を言われたり、堂々と張り合ったりすることは少なかったのだろうなあと推測する。次第にそんな風になってしまっているのだ、時代は。
 まったくもって、これは日本全体の風潮であるからして、たいていは大して気付かず、うまく砂糖をまぶした辛辣さに笑っている時代であるから、なんとも薄気味悪い。稽古をしていてこういう薄気味悪さを味わうことが確かに多くなっている。
 
 そして日本の状況を見ても同じである。いろいろな意味で遠回りをしているような暇はないのであるが、選挙は先延ばし、先延ばし、自民党の取りあえずの延命だけに汲々とし、大計を立てるなんてとんでもない、取りあえず取りあえず、とウヤムヤにするような雰囲気で動きを作るのか作らないのか、分からないような政治の状況。省益ばかりの省庁、どこにも希望はないようなイメージばかりが膨らんでいく。日本という総体は、単体で踏ん張っても潰されるだけであるから、やっぱり一致団結せねばならない。オバマを大統領にできたアメリカは、そういう意味ではやはり頭が下がるのである。希望が、それだけでも見える。なぜなら、歴史的な大転換を、この時期にやってのけられたという意思が強く伝わるからである。日本は完全な無責任国家に成り下がってしまった。ドンドン酷くなる。酷くなることは気付いていて、文句だけは言っても本当に立ち上がらない。もっと政治に誰もが踏み込まないと、沈没の一途である。こんな国に誰がした、オレたちがしているのである。
[PR]
by kikh | 2008-12-31 17:08 | 日々の記録
<< 12/31 大晦日 12/27 稽古二本 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク