★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
6/3 暑さにやられる
 午前中、ジョグジャカルタに移動し、午後からジョグジャのタマンブダヤ、コンサートホールで稽古開始。
 しかし、まったく空調が使えない。熱帯地帯での空調なしの稽古は、昔々、築地での稽古の暑さを思い出したが、築地での稽古の暑さに比べれば、まだマシである。あれを乗り切っている限りにおいて、何をやっても大丈夫という感触はある。
 へたっていたのはインドネシア人ダンサーたちで、日本人ダンサーはびくともしない。なかなか強い。

 さてさて、稽古は確かに効率的ではなかった。暑さのため、そしてモロモロの遅れのために、どうも締まらない。締まらないが、まあ仕方がない。これがインドネシアだ。

 ジョンペット、アンディと話をすると、こんなに短期間に詰め込んだのははじめてだ、と言う。衣装のゲア&アベも同じことを言う。チリンも言う。みんな、相当過酷な時間を乗り切ってきている。だから、妙な一体感もある。良い作品になっていくに必要なことだ。

 稽古後、ミーティングを行なったりしていると、もうすでに夜の11時であった。今のホテルは監獄みたいなホテルで、外の明かりはまったく入らず、あまりの殺風景さに、監獄とはこんな感じかなあ、と感じてしまった。でも、静かだ。静かであるのが、僕には一番なので、まずは良かった。
[PR]
by kikh | 2009-06-04 18:55 | 日々の記録
<< ジョグジャカルタ 6/2 ソロ最後の稽古 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク