★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
7/10 HOG
 しばらくぶりに部屋から一歩も出ず、資料を漁る。

 「Heart of Gold~百年の孤独」、2005年の作品だったが、その編集バージョンが上がったのが昨年、僕はそのDVDをやっと午後になって、見ることができた。一年間、本DVDを見る時間がなかったのだ。
 
 見ると、数点の反省が出てくる。分かってはいたことだが、ううむ、ちょっとキツイナアという点、なきにしもあらず。まあ、編集の問題もある。ところが、全体として見るとかなり!面白いではないか。休憩込みで2時間20分くらいの作品であった。1部は菅谷の音楽で、2部でポールドレッシャーの音楽を使用した。ポールとはメールだけでのやり取りで、非常にしんどかった。初編集バージョンを見て、結構、感動した。
 僕がよく言われるのは、演出家で、あまり自分の作品を見てゲラゲラ笑わないけど、小池さんは珍しく、よく笑ってますよねえ、と。まあ、良いじゃないか。見る段階では、オレは観客の代表にもなりつつ、見るのであるから。笑うか笑わないか、それはどうでも良いことである。オレが面白いと思うのは結構、ブラックだったりする。ひねくれた笑い。そしてゲラゲラ笑う笑いよりも、シニカルにクククッとほくそ笑む、冷笑する、そんな笑いが実はとても好きなのである。

 さて、HOGを見て、客は「百年の孤独」を連想できるか?人によるなあと思った。映像はいらないのでは、と言っていた観客もいたけれど、今、見ると映像はやっぱりあった方がずっと良いと確信する。全体の構成は良い。が、しかし、少しばかり、ここを直したい、という点が出てくる、それは言わないでおこう。

 思えば、このHOG、NHK芸術劇場が撮影するということになっていて、それが撮影一週間前に突然、キャンセルしてきたために、相当な被害を被ってしまったという経緯がある。2005年はNHKが叩かれまくり、そのあおりを受けて、少しでも心配になるような材料は取り除いておきたいということがその背景にあった。「百年の孤独」の権利問題である。しかし、これ、本当にNHK、撮影しておけば良かったのに、と改めて思う。
[PR]
by kikh | 2009-07-10 23:39 | 日々の記録
<< トップの顔 7/9 審議会 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク