★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
トップの顔
 サミットの状況を見ると、お寒い限りだ。
 ザッと見渡してみても、首相、大統領と集まっているが、どうもリーダーの顔をしているトップは少ない。なんとまあ下卑た顔をしているトップが多いことか。

 その中でも、人畜無害の犬のような顔でニコニコし続ける麻生首相。日本では今やメディアは、彼をアホー首相だの、バカタローだのと呼んでいる。まあ、首相になれたんだから、もう良いんだオレは、という開き直りか。
 そして、宮崎県知事は、逆にゲッソリした顔をしている。まるで勢いを失った顔で、少なくとも一県のトップの顔ではない。私が出れば自民党は負けません、と言っていたのはほんの数日前の話だ。そのときは、ぎらついていた。それが瞬く間に変わった。
 要するに、顔だけ見ても、どちらもトップの器ではないことは明白。トップの器でない者が、勘違いを起こしてトップを標榜する、そしてそれを単に人気だけで選んでしまう。こんなことが延々と続いているのが日本である。

 有権者よ、本気になって人を選べ!いかに民社党に問題が多くとも、政権交代のない国は緊張感のない状態が続き、利権構造は温存されるということだ。
[PR]
by kikh | 2009-07-11 00:25 | 日々の記録
<< 7/12 高校生 7/10 HOG >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク