★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
11/29 公開リハーサル公演
 本日は流山市文化会館を使っての公開リハーサル公演で、実際の作品より25分削り、1時間4分くらいを見せることにした。
 理由はハッキリしていて、まず照明ゼロ、音響は最低限、やれるだけ、という状況。オブジェもまだ出来上っていない。だから、中途半端に見せるのだから、辛いと言えば辛いのである。ナシならナシで全編の方が想像力で見ることになるのでその方が良いとも言える。劇場サイズも実は大きく、800人以上の劇場である。あうるすぽっとはその半分以下の300人キャパ。だからとても見やすい劇場ではある。
 そして来年、この流山文化会館がパパ・タラフマラの2010年度新作、「パパ・タラフマラの白雪姫」のプレミア公演場所となる。
 蓋を開けてみると、動員も500人だったという。だから、まずまず。そして子供が多い。それも小学生くらいの子供もかなりいる。
 アフタートークの質問の最初の質問者は、なんせ5歳くらいの子供だった。

 面白かったのは、子供の受けが実によい事である。こんな作品が子供にはとっても受ける。驚きではないが、あらためて、パパ・タラフマラの特徴であるように感じた。パパ・タラフマラの作品群は、やはり頭より身体に響くのだろうと思う。すぐ考えたがる大人はズルズルと迷宮にはまり込んで抜け出せなくなる傾向がある。
 その点、子供は直接的だ。それが良いとは限らぬが、入り口はそうでなければならない。僕はそう思う。

 今日、子どもたちにサインをし続けた。そのくらいサインをした。 
 
[PR]
by kikh | 2009-11-30 00:28 | 日々の記録
<< 12/2 総見 11/28 事業仕分け >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク