★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
12/3 濁り
 本当にキリがない。ブログ上で一通り上がった、と書いたのが11/24だから、8日も前になる。しかし、いやあ、やること、やるべきことはキリがない。磨き抜いているが、それでも磨ききれず。人間は忘却があるから、良いのだけれど、その忘却ゆえに、どれほどの無駄が出るか、しょうがないが、それを一刻でも先に延して、集中力をとぎらすことなく、やり続けて欲しいと思う。
 衣装からは、ボロボロになるから、あまり着すぎるな、とのお達し。しかし、着なければ、慣れていかない。慣れなければ衣装を良くは見せられない。もちろん動きもそうだ。すべてはバランスであるが、そうは言っても「慣れる」ほど良いことはない。だが、それによってボロボロになったのでは・・・。言わんとすることは良く分かる。けれど、稽古着を着てやるときが良いのは、それを着ているという意識がないからだろう。服は存在そのものを表わしていく。しかし、馬子にも衣装では、内面が伴わない。内面を伴うためには、衣装に着られたのでは問題だ。衣装を着こなさなければダメだ。

 ふう。とにかく、やるべきこと、キリがない。フウ。まだまだ、ギリギリとやっていくぞ。
[PR]
by kikh | 2009-12-03 23:58 | 日々の記録
<< 12/8 劇場入り2日目 12/2 総見 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク