★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
1/19 「ガリバー&スウィフト」
 「ガリバー&スウィフト」の稽古が、ソウルに行っている時から始まっている。毎日、横浜通いだ。桜木町にある急な坂スタジオでの稽古が続く。
 まだ、何かが足りない感じがある。数日でまとめ上げねば。
 
 今日、演助から、何でスーツマンが出てくるんですか?と聞かれた。フウム。それは人間社会に対する懐疑と不安の象徴なのである、加えてジョナサン・スウィフト的な逆説的言辞のようなもの、と答えたのである。スウィフトの面白さは、その逆説性にある。大まじめな逆説。だから、気色悪いこともあれば、ただただオカシイところもある。なんとも、奇体な存在がスウィフトである。

 稽古後に「Nobody, NO BODY」の照明打ち合わせを行なう。
 「Nobody, NO BODY」の照明はシンプルにいきたい。話の内容は、「ゴドーを待ちながら」を語りつつ、ついついメキシコの話になっていく。メキシコは面白い。非常に興味深いのがメキシコである。タラフマラもメキシコに由来する。メキシコの砂漠地帯がイメージの源泉でもある。
[PR]
by kikh | 2010-01-20 13:13 | 日々の記録
<< 1/22 国立入り 1/14 オーディション >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク