★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
ガルジェニッツァ
 トルコ、トラブゾンでの公演まで間があるので、ポーランドのガルジェニッツァに来ている。
 昨日はイスタンブールのホテル、4時、起床、それから空港に行き、途中、スイスのチューリッヒに寄って、ポーランド、ワルシャワ入りする。雨の中、たっぷりと歩き、風邪を引いて、体調はすこぶる悪い。
 まったく、ミスアンダースタンドだらけで、大変な一日であったのである。

 そして今日。昼前に突然、サラとその夫が訪ねてきた。サラは今の在日ポーランド大使館大使の娘で、何度か会っている。そして夕方、ついにスタニェフスキーが訪ねてきて、さあ、今からガルジェニッツァだあ、と言う。彼は今、大きな劇場をワルシャワに作ろうとしていて、そのため、非常に忙しいらしい。よって、本日深夜にガルジェニッツァには戻ると言う。
 ガルジェニッツァでは、僕のためにさまざまなプランを用意してくれていて、多くのリハーサルを見ることができた。やっぱり面白い。スタニェフスキーは耳が良いと改めて思った。世界中を見渡しても耳の良いディレクターはほとんどいないのが現状である。だが、彼は良い。作品もきわめて強い個性を放っている。
 
 体調不良だが、深夜までさまざまなイベントが続き、グッタリしてきたので寝ることにする。
[PR]
by kikh | 2010-04-29 08:10 | 日々の記録
<< ガルジェニツァ二日目 何を見せるか >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク