★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
5/17 イメージ写真
 昨日まで「白雪姫」の稽古を行う。
 
 いろいろと思うところはある。日本の舞台は結局はスターシステムで、スターになることが一義なのだなあ、と改めて思う。そしてスターになってしまえば、後は野となれ山となれ、だ。
 なんで日本にいるのですか?と良く聞かれる。さっさと脱出してしまえ、こんなところは、ともいろいろな人から言われる。批評家からも言われる。日本の枠組みに収まらないのだから、出て行った方がずっとためになる、とも。そうだ、その通りだと思う一方、どうしても日本の状況を変えて行きたいとの思いが強く働いてきた。だが、年を経れば経るほど、ダメかも知れないと感じるようになってきた。けれど、まだ希望は捨てないでおこう。

 本日は朝早くから「白雪姫」と「スウィフトスウィーツ」のイメージ写真撮りを行う。
 どちらも写真家として参加している。まるっきり違う作品だが、どちらもまた、一歩でも先へ進みたいと考えている。
 先日、「森と夜と世界の果てへの旅」の打ち合わせを行ったが、今年に入って、4本の台本を書き、「Nobody」の新作公演を打ち、「ガリバー&スウィフト」「三人姉妹」「スノーピグミー」「Ship in a View」と行ってきている。これで「白雪姫」の稽古を行い、7月からは「スウィフトスウィーツ」に入る。
 どんどん、既成のジャンルからは離れてしまっている。純粋舞台芸術に向かっている。しかしながら、日本は逆に強固なジャンル意識がはびこっているからますます居場所がなくなっている。居場所がないというのは大切なんだが、なかなか意識を変えさせるのは大変なことである。
[PR]
by kikh | 2010-05-18 00:51 | 日々の記録
<< 5/20 沖縄・韓国 音が・・ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク