★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
5/20 沖縄・韓国
 18,19日と沖縄に行って来た。
 ついて早速ミーティングを深夜1時まで。翌日も朝からミーティング。空港でもミーティング。ほとんど自由時間なし。かろうじて市場で甘味を味わい、おお、この味は沖縄だあ、と感じ入った次第。
 戻ってきて、朝からミーティングをし、昼1時15分に出て、成田発17時のソウル行きの飛行機を待っている状態。明日はSwift Sweetsの音楽家ミーティング、パフォーマーミーティング、ソウルインターナショナルダンスフェス・ディレクターの李さんとの夕食会・・・・などなどめいっぱいだ。

 日本の舞台芸術界は劇場法に向かってまっしぐらである。そして劇団を解体へも向かわせる原動力にもなりうるだろう。しかし、何が最も肝心か、と言えば、資金と共に、何故に舞台芸術か、という強い動機だろう。昨日、国立劇場おきなわ・・の芸術監督である幸喜さんとの話は、まったくそうだよなあ、と思わせるものがあった。もう70を超えている幸喜さんだが、子供たちを・・と強く言っている。子供のために、将来の沖縄のために・・・と。僕は将来の沖縄もそうだが、負の遺産として残してしまった沖縄と我々がどう向かい合うのか、そこに僕の意識は向かう。そしてその沖縄という日本の縮図とどう向かい合っていくかが、将来の日本のためになると考えている。
 そもそも日本にはあまりにも国際人がいない。育っていない。これからの日本は強く国際人を育てなければダメだ。公演をする意味をどこに求めるか?、単なる事象的成功など、大した意味はないのである。
[PR]
by kikh | 2010-05-20 16:18 | 日々の記録
<< 5/21 愉快 5/17 イメージ写真 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク