★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
地震と共に思うこと
 結構、テレビに釘付けになっている人がいるようである。釘付けになるのは仕方がないし、脳に焼き付けておくことは非常に大切な事と思う。だが、どのテレビ局も全部、同じニュース、つまり東北関東大地震のニュースだけをながし続けている。大災害であることは痛く、苦しく、いてもたってもいられないほどだ。異常な事態だということも強く認識する。けれど、延々と世界にはこのニュースしかないかの如く、横一列に流し続ける意味が分からない。世界ではさまざまな事が起こっているのである。だが、横一直線になってしまう。見方が違うならばまだ良いが、メディアはまったく同質と言ってよい。いくつかのメディアが必要だというのならば、なぜ、協議して時間を区切って3つの放送局が流し続けることにしようとかしないのか、本当に見事なほどに横並びである。

 加えて、こうして同じようなニュースばかりを見続けていても良いことはなにもない。精神的にはどんどん落ちていく気分を味わう事になる。私たちができることはないか?と考えるのは大事だと思う。しかし、自分たち自身の足下さえ定かでないときに、どうやって他者に手を差し伸べられるのか?手としてはカンパする、物資を届ける等が考えられるが、今はただいかに悲惨かを痛感させる役割だけをメディアは担っているかの如くである。

 このニュースの巨大さの前では、ニュージーランド地震も小沢問題もなにもかもが卑小なものとなってしまい、陰に隠れてしまう。ニュースなどは相対的なものでしかないとしみじみと感じてしまう。だが、つい先日まではニュージーランドでの被災者に対して、毎日のように大きなニュースになっていたではないか?ニュースとは本来は等価でなければならない。もちろん大小はあってしかるべきだし、相対的であることは否めないがAll or Nothing のニュースなんて、一体どこにジャーナリズムの矜持があるのだろうか。

 だからこそ、私たちは、冷静でなければならない。次々とチェーンメールが流れてくる。そのチェーンメールがますます人を不安に陥れる。そこに持ってきて円高と株価暴落が重なる。この国はどうなってしまうのか?不安におののく。もちろんこれで日本の繁栄が幕引きとなる可能性もあることはある。だが、そのような事も視野に入れての冷静さが求められよう。

 舞台芸術界でもそうだ。今こそ舞台の力を!!という方もいる。いるが、今すぐはなにもできまい。何かできるとすれば2ヶ月後くらいになってくるだろう。その時を目指して、今から準備するのは結構な事だ。だが最も厳しいとき、一緒になって興奮し、一段落すると忘れてしまうのではなく、一段落した頃が一番メンタル面の危険性が高いことを知るべきだ。熱しやすく冷めやすいのではなく、常に冷静な判断をして欲しい。
[PR]
by kikh | 2011-03-14 14:57 | 日々の記録
<< 東北関東大震災に思うこと 超人よ >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク