★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
11/19 ワークショップ&稽古
 雨。朝はパラパラ降りだったので甘くみていたら、冷たい雨になった。身体が冷えて困った。

 今日はワークショップ最終日。30分の作品にする。なかなかいい作品になった。
 それから皆とインド料理を食いに行く。みな、真摯なので感心する。

 そして稽古。やっぱりワークショップとは言え、作品作りの後は疲れがどっと出ている。背中から首にかけてバリバリだ。
 今日も池野がいない。本当にこの時期、メインでいなければならない人間が休んでばかりいるのは、作品作りに支障が出てくる。
 稽古はほぼ冒頭から37分くらいが形になっている。ネジくれて奇妙である。問題は、たまお、白井のふたりのアンサンブルがなかなか本物になっていかない点だ。引き付けさせねばならない箇所で、まだ浅い理解しか持ち得ていない。
 研究生たちもそれなりに一所懸命である。しかしなにを一所懸命にやらねばならぬか、それがまだ分かっていない。闇雲にやればいいというものではないのである。物事にはすべからく道理がある。しかし、その道理をすっとばしてただ必死!これでは無駄ばかり生じる。けれど無駄は省かねばならぬ。誰でも時間は限られているのである。

 終わってから作曲家の藤井君とミーティング。はじめて一緒にやる作曲家ではあるが、悩みが大きいようである。稽古はどんどん進めなければならないので、僕の方でも彼の音を待たずに、進めていく。結構、難しいのは仮の音楽で進行させ、後で出来上がった音をはめるという方法である。後では、どうもイメージが違ってしまう。大きな枠は一緒でも音は、環境、雰囲気を決定させてしまう。だから音は非常に重要である。

 自宅に戻ると、もう何をする気力もない。身体は疲れて鉛がじんわりと足下から入り込んでくるようである。
[PR]
by kikh | 2006-11-20 23:53 | 日々の記録
<< 11/20 一月を切っている 11/18  >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク