★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
2006年 10月 30日 ( 2 )
 
10/29 打ち合せ&原稿書き
 朝からずずっと打ち合せ。
 「シンデレラ」の小道具ミーティングに3時間、舞監&舞台ミーティングに2時間、計5時間の打ち合せ。
 終わって、再び打ち合せ。飯を合間にかっ込んで、終わった途端に意識が遠のく。

 疲れてスタバへ行き、雑誌「あとん」の原稿書き。くちびるについて書くことにする。

 しばらくするとSNが泣きながら立っている。ビデオのダビングができないんですゥ。だって。
 がっくり。
 いい年をした女がビデオのダビングができないって、なんで泣くんだよ、と切れかかるが、ぐっと我慢し、おまえねえ、勉強しろ!なんて説教。
 ふうう。ああああ。どうもみんな若いを通り越して、幼い。もう少し、きちんと年相応にはなって欲しいものだと思う。20代も後半になったら、ある程度はきちんとできるはずだろう!なんでまあ、できないのだろうねえ。
 おまえさ、新聞くらい読んでるか?本は読むか?字は書くか?どうも教養がないのだ。もっと教育の充実が必要だよねえ。
 
[PR]
by kikh | 2006-10-30 01:25 | 日々の記録
 
10/28 三人姉妹・亀有リリオホール公演
 亀有リリオホールは、全然派手じゃないし、一見どうということない空間に見えるけれど、なかなかいいホールである。シンプルの極みでもある。だが、聞きやすい、見やすい空間性を持っている。こういうホールはあまりないから実は得難い劇場だが、見た目は決して良くはない。こういう劇場に比べたら、世田パブなどは決して使いやすい劇場ではない。亀有も照明には難があるのだが・・。

 さてさて、「三人姉妹」。昨日、明かり合わせを行ない、ゲネをやってしまっているから、本日は通しはせず、ちょっと稽古をしただけで、本番に臨んだ。

 もう自家薬籠中のものとしているね、みんな。素晴らしい。
 31日には青山円形で行なうので、これは見ないといけないよ、と思ってしまう。堪能して欲しいと思ってしまうのである。
 3人とも輝きまくっているので、神様、仏様、さちまきたまさまみたいな感じなんである。こりゃあいいです。

 終わってから、昔タラフマラにいた中山のやっているバーに行く。こいつはいいヤツだ。なんかいいヤツなんである。腹の中がスッキリしていて気持ちが良い。
 終電まで中山におごられてしまって、飲んで、楽しい時間を過ごす。
 
[PR]
by kikh | 2006-10-30 01:18 | 舞台


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク