★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
2006年 10月 31日 ( 2 )
 
10/31 フェス
 思えば、今回の「青山円形劇場」での公演というのは、何とか言うフェスだった。
 フェスというのは、考えてみると日本では利賀フェスティバルに1989年に出て、それからすぐ名古屋の名古屋演劇遊戯祭というのに出た、そのくらいしか出ていないのではないか?
 思えば、日本ではフェスにも賞にも縁が遠い。かなり遠い。
 あ、つくばの舞台芸術フェスティバルには出ていた、が、つくばフェスはフェスと掲げてはいたけれど、方便として名を掲げただけであったなあ、と思う。では海外はどうか?海外ではかなり大規模なフェスにもたくさん出ているし、劇場招へいも多い。日本では、なかなかどころか、きわめて難しいし、大変だ。

 青山円形劇場では、音響も僕がやるけれど、その音響がまるっきり下で聞くのと、オペの場所で聞くのでは印象が違う。違いすぎて大変である。ゆえに本日は、細かく音をチェックした。南波にオペをしてもらって、それをチェックしていき、どういう音の上げ方、下げ方をすればいいか、チェックしていったのである。

 フェスであるから、本日の公演には私たち以外にも韓国のソロがふたつ入る。ちょろっと見るが、いかにも韓国である。昔、パパ・タラフマラの二作品に出ていたイェヒョースンは今、ベルギーのカンパニーにいるが、あいつは確かに才能の豊かな男だった。
 才能は活かすも殺すも本人次第である。性格が悪ければ、ある程度以上は誰も助けてはくれない。

 今は青山円形劇場近くのマクドナルドで書いている。マックはネットが繋がるので、パソコンを抱えているとついマックということになるが、とてもここでは食えたものじゃない。だから、珈琲だけだ。それもうまいわけではない。だが、なんでこんなに混んでいるのだろう。マックなんか食ってちゃ、身体に良いわけがない。

 話は違うが、野球。巨人がドンドン凋落している。単に勝てない、というだけではない。巨人はいつの間にか、ヒール役になってしまって、やることなすことメチャクチャだったから、ここまで落ちてきたのだろう。巨人ばかりではなく、成功イメージの高かったところは、根本的なイノベーションなど、そうそう簡単にはできない構造になっている。が、イノベートせずに生き残れるところなどありはしないのである。
 それは文化でも一緒だ。文化とは人が生きる根幹にある。その根幹部分に生命力を注ぎ込むのが文化の役割で、そして、常に生命とは新しさ、清新さを欲していくものなのである。だからこそ、私たちは必死になって、文化刷新のようなことを唱えている。文化は保持しつつ、同時に変化しなければならない。あらゆる文化がそうだ。あらゆる生活もそうだ。経済活動もそうだ。
 巨人の凋落には、素晴らしい教訓が詰まっているではないか。
[PR]
by kikh | 2006-10-31 16:29 | 舞台
 
10/30 青山円形劇場入り
 朝、書き物をしていたら、電話が鳴り響き、すでに研究生がみんな待ってます、と言われる。
 今日は、P.A.I.の講師の日ではないはずだが・・・・と手帳を見るがやっぱり違う。けれど、たまおからはイヤ、講師の日だと言われ、違うと言い、すると会議の席上で言いました、となった。
 そういう経過を辿っているから、どうも難しい。ならば、きちんと確認くらい入れるべきである。
 僕が心配するのは、こういう問題がしばしば起きないはずはない、と思うからだ。確認をするのは習慣性の問題である。習慣がないと、どんなに恥ずかしい文章を書いても、平気で相手に送信していたりする。デリカシーはないの?と言いたくなるが、自分にはデリカシーを求めても、人にはデリカシーなどきわめて薄いのが現代人である。
 仕方なく研究生には2時間も待ってもらって、授業と相成った。すまぬ。

 病院へ行って薬をもらい、青山円形劇場へ。
 ふうむ、変な空間である。やりにくいなあ、これ、って感じ。
 音響も操作場所が悪く、聞こえ方が全然違う。困った。
 
 終わって、軽くいっぱいやって、帰宅。最終近く。
[PR]
by kikh | 2006-10-31 01:03 | 日々の記録


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク