★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
<   2006年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
 
1/30 最終稽古
「Ship in a View」最終稽古。「島」はすでに終わっている。
木下、加賀谷ともに、いい味を出すようになっている。白井をはじめとして、今回は、全員がなかなか大変だったと思う。謝謝。
思えば、両名共に、最初と言っても、どちらも昨年なんだが、会ったときには巧いダンサーだなあ、くらいにしか思わなかった。もちろん顔にサムシングがあるから、「Ship in a View」への出演依頼をした。これが徐々に剥けてくる。するとダンスが突然、有機性を持った生きた踊りに変化してくるのだ。
ダンスでは、未だに動き追求を徹底してするものが多い。動きが面白ければいいというダンスである。しかし、動きが面白いとはどういうことか?その認識が浅いように思う。浅ければ、ダンスそのものが単なる機械にしか思えてこなくなる。器械体操は凄いけれど、あれは何十秒だから見ていて面白いのであって、1時間も見ていたら飽きてしまう。
動くとは身体の波動である。身体とは「精神」と「肉体」ではないのである。精神と肉体、そしてその周りにある環境までひっくるめての身体である。さすれば、身体を使用した作品は、いくら動きが面白くても、心の中が出てこなければ、僕はまったくダメだろうと思っている。
ところが、ダンスファンやダンスカンパニー、ダンス批評家には、動き偏重がとても大きな割合を占めている。これを違う、と言うのは、ここではなかなか難しい。だって、全体がもうすでにダンスへの偏狭な概念で凝り固まっているように見えるからだ。

通しは今までで一番良かった。まあ、アメリカ、カナダツアーは問題なく進行するはずである。いや、常に現場で問題は出るので、そういう起こりうる問題は仕方ないこととするのだ。

終わってから、P.A.I.卒業公演チラシの打ち合わせを行ない、一杯飲んで、帰宅。

さて、パッキング。と思ったら、オークボがやって来て、あるビデオアーティストのビデオを見せられる。面白い面もあるが、まだ分からない。だが、若者には常に可能性が多く、ある。だから、そういう面がどんどん出てくれば、と思う。
[PR]
by kikh | 2006-01-31 11:01 | 日々の記録
 
1/29 授業&稽古&和をもって貴しとなす
P.A.I.での授業のあと、「Ship in a View」稽古。
今日の稽古には何故か、オークボの取材ということでNHKのカメラまで入っていた。なんでも岡本太郎に影響を受け、その結果として大きく方向転換してしまった人代表なんだとか。
オークボさん、緊張しつつも、なかなか達者に振る舞っている。どうも微笑ましい。

「Ship in a View」は今日、明日の二回のリハを残すのみとなった。
今回のアメリカ、カナダツアーだが、劇場がどこもさほど広くはない。広くはないとは言っても、最低で奥行き6間、間口7間取っているのだから、通常ならば狭いという劇場ではない。が、「Ship in a View」を行なうためには狭いのである。奥行きは7間以上は欲しい。間口は8間かな。
ずいぶん、加賀谷さんが良くなった。何というか、東北女の気質がずっしりとそこに現われているようにすら感じられるようになっている。木下さんはいいのだけれど、損をしてしまうのは、どうしても白井の10年が、彼女の前に横たわっているからである。白井は凄みまで持っていたから、それと比較するのは大変だ。10年を2ヶ月くらいで追いつかれたのでは白井も立つ瀬がなくなろう。とは言え、少しでも近づき、追い抜くべきところは追い抜いて欲しいと思うのである。白井さち子との圧倒的な差は、身体である。身体が木下佳子の場合はきれいである。手足が長く、すらりと伸びている。だから、美しい。が、白井の凄みは、この美しさではないところから発して、それが美にまで転換し、昇華していくところだ。
白井パートは木下だけではなく、何人かで分担しているようなところはあるが、それにしてもなかなか難しい。相当、意識を高くしないと厳しくはあろう。だが、サマにはなってきた。明日の最後の通しでどこまで行くだろうか?楽しみだな。

iPodを使い出している。
これはえらく便利だ。スゲエと思う。今までCDウォークマンとか持ち歩いていたのが嘘のように感じられる。おまけに写真のストレージまでなるのだし、ビデオまで映写できるらしい。僕のような仕事をしていれば、こりゃあ便利という以外ねえだろう。

昨日、オークボからダイアリー等で、特定の業界や個人を攻撃したり、文句を言ったりしないようにして欲しい旨、言われる。
特定の業界というのはもちろん政治界でも経済界でもマスコミでもなく、舞台芸術界のことだ。個人というのは、例えば、大阪公演時にあった質問に対する答えたが、それを後で個人攻撃したというのである。個人といっても相手は誰かもわからない。観客を大切にせよ、ということらしい。業界に対しては嫌われないようにしなければ、と言う。
だが、みなで、守り合って、安全地帯を形成しても仕方がないだろうと思うのである。大阪の客に関して言えば、あのときに、ケンケンガクガク感情論でやりあっても意味はない。けれど、「カーテンコールが二回しかないのは、その程度の作品だからだ」というのは余りに暴論ではないか。本人が気に入らないことを一般化させて話さないで欲しいと思う。当然のことだろう。観客を大切にするということと、自分自身が嫌な感触が残ったというくらいの感情の表出くらいあってもいいだろうと思うんだが、なんか、どうなんだろうな。

特定の業界か?ううん。最近は誰も喧嘩しなくなり、どんどん和をもって貴しとなす、が進行しているように思う。和は必要だが、必要以上の和は不必要であろう。みんなで、和ばかり重んじるのは悪い傾向だ。いかがか?

おお、眠い。
[PR]
by kikh | 2006-01-30 01:20 | 日々の記録
 
1/27 電話インタビュー待ち
アメリカから電話インタビューがあるから、待ってろ、メールで連絡を受けていたが、来ない。
時間間違いか?と思って、メールを開いてみたら、相手は私が何故か、ニューヨークにいるものと勘違いしていて、じゃあ、電話の時間を変えます、と言ってきた。
なんで、ニューヨーク?

たぶん、英文で「島」の説明で、下のように書いたからだ。

"Island" which we will do in NYC.......

これで間違えたのだろうが、今、いるとはかぎらんだろう。

その他、今は次々とアメリカ、カナダからメールインタビューが来ている。電話インタビューも数本。

今日、午前中には「島」の通し稽古。東京でのラスト通しである。渋い!!渋いが、いい!!実にいい。いいけれど、渋い!!この渋さはどうなんだろうな、日本での反応が楽しみではある。
c0036263_15305799.jpg

午後から「Ship in a View」稽古。昨日、はじめて全員揃っての稽古となった。ついにクックも香港から日本入りしての稽古なんであるが、昨日は良かった。加賀谷、木下両名ともに、どんどん良くなっている。
今日は、たまおが風邪でダウン。松島が不在。なんで、どうも気の抜けたサイダーみたいではあったけれど、でも、調整はうまく計れている。
後は29,30日の通しを残すのみ。

終わって、南波と飯を食う。今回、演助で南波が入っている。まあ、しっかりやれ!!南波君!である。

風邪がどんどんひどくなる。けれど倒れない。ちょっとヤバイかも。

それからDANZAと言うバレエ専門みたいな雑誌に「HOG/百年の孤独」のレビューが出た。
載せておこう。偏屈者、村井健ではあるが、僕は彼は正直者なんで、好きなんである。
c0036263_0412622.jpg

[PR]
by kikh | 2006-01-28 00:41 | 日々の記録
 
1/25 そう言えば今日は
朝、やはり体調が思わしくない。喉が痛い。頭が痛い。やべえ、ってんで、熱を測ってみたら、35.4度しかない。体温が低すぎる。どうも熱を身体が持っていないような感覚はあるが、これが原因なのだろうか?
這うようにして、稽古場へ行く。
「Ship in a View」はどんどん良くなっている。もちろん全面的にいいわけではない。まだまだ問題もあるが、何とかなりそうな気配は漂っている。たぶん、通しはあと4回できるわけで、これだけあれば、さまになるところまでは行くだろう。

「Ship in a View」の後で、夕方からは「島」の稽古。  
「島」は前回、見たときはまったくダメだった。今日は、頭から僕自身が、細かく見ていった。最後までは行かなかったが、3分の2くらいは見れたのではないか。その上で通しを行なう。ずいぶん良くなった。まあ、これで後はきっちりとやっていけば大丈夫だろう。目処は付きつつある。ただし、今回、少々、方向性を変えようと目論んでいる。可能だろうか?それにしても「島」はまるまる10年になる。10年間やり続けてきた作品もあれば、「三人姉妹」のように、ギュウギュウ押し込めるようにやっている作品もある。でも、再演を重ねると確実に板に乗っている人たちの力量はアップしていく。

疲れが溜まり、グッタリしている。

あ、そうだ、今日は我が輩の誕生日であった。あれれ、いくつになったか?まあ、いいや、いくつでも。なんだが、結構、ずしりと重い年になってきた。ますますしっかりせねば。である。
Happy Birth Day to me!!と自分で祝っちゃおう。
[PR]
by kikh | 2006-01-26 00:22 | 日々の記録
 
1/24 虚の仮面の下も虚であった
ホリエモン騒動が続いている。
どんどんオカシナ国になっていく。虚は実よりも重し。これはさ、なにも事業家にばかり言えるのではなく、舞台だって同じである。
まやかしっぽいものの方が、実は金になり、人が喜ぶのだ。だが、本当のまやかしではダメで、根本がマヤカシでも表面は実を装わなければならない。

朝、MTG。
10時からはP.A.I.の生徒たちに特別授業。こいつらを何とかしたいという思いはあるが、なかなか応えてくれず、時間ばかりが浪費される。もう少し必死になってもらいたいものだ。先日のP.A.I.の発表会にしても同じで、もっと時間の使い方やらマネジメントの方法を知らねばならんのだろう。そう言えば、太田省吾さんの奥さんに「小池さんは学生に期待しすぎじゃないですか?」と言われたことを思い出すが、学生には期待するのだ、俺は。学生に期待せずに、いったい誰に期待し、将来を託せると言うのか。
今日はある研究生の誕生日であった。ううん、40歳になるというのに、肌つやは信じられないほど若い。白井が私は若い、若く見られるとよく自慢しているが、それをはるかに凌駕する。25歳くらいでも通るだろう。ううん。年とは何だろう。

その後もMTG。
そして新年会となった。
だが、どんどん体調不良が押し寄せてくるよう。やべえ。これは完璧に風邪である。
[PR]
by kikh | 2006-01-26 00:18 | 日々の記録
 
1/22 Ship in a View&島
本日は「Ship in a View」と「島」、両方の稽古。

まあ、まだまだである。とは言え、あと通しは6回。ううん。でも、何とかなりそうな兆候は出てきだしている。
加賀谷さんも木下さんも何かを掴んだように見えた。もちろんここからが大変なんだけれど、掴まないことには次が見えまい。

「島」、まあだまあだだな。
「島」は3月公演だから、2月のツアー中に稽古すればいいということもあるが、そう事は簡単ではない。その認識が必要だろう。

途中、縫原と偶然、バスに乗り合わせ、そのときに、私が「青牛」の時に、ガンガン痩せたという話で昨日は盛り上がったのだ、と縫原が言い出す。要は、その「ガンガン」ができるのが、「奇天烈」だから、だと言うのだけれど、そんな馬鹿な、である。だって、そうだろう。何をしたいか、だ。そのための努力くらいするのは当然だろう。野球選手になりたければ、野球の稽古くらいとことんするのである。人一倍やらなくてはダメならば、やるんである。身体が重いならば、痩せればいいだけのことだ。軽いから肉を付けなくちゃ、というのとは訳が違って、はるかに簡単である。肉を付けなくちゃというのは容易ではない。要は、物事を難しく考えちゃいけないのである。何をしたく、何を感じ、ならば、どうすればいいか、自ずと答えは出てくるモノである。そういう意味では俺は単純きわまりない。だから、あまり悩まない。悩み、というのは、通常は、変な意識が入り込むからである。単純に考えればいいのだ、難しく考えなければいいのだ、と思うけれど、なかなかそういう人はいないようで、ううん、フクザツナンジャナアアと感心しきりなんである。要は暇人ということではないか、とも思うんだが。
[PR]
by kikh | 2006-01-23 01:41 | 日々の記録
 
1/21 P.A.I.発表会
どうも体調がすぐれない。
頭はどんよりと曇ったようだし、身体は重い。最近は、じんましんがしばしば出て、特に「HOG/百年の孤独」が終わった後からは、ずっと疲れが残ったままで、なんとかしないとヤバイかなあ、なんて思い始めている。
先日、オークボから次回メルマガのお題として「一周年」というのをもらったのだった。僕はなにかある度に、自分自身のプロフィールに付け加えている。それをまとめてここ一年のプロフィールを見てみた。愕然としてしまった。
なぜかは、是非とも我がメルマガをお読みくだされ。

今日は研究生の発表公演があった。
なかなか面白いものもあるが、問題はどうも抜けが出てこないということである。もっと抜けが出てくると面白くなるのに、と思ってみていた。抜けを作るのは、そう簡単ではない。みんな言うのは、時間が・・・ということだ。しかし、それを言っちゃあお終いよ、である。ひとりだけ、現時点では100%やりきりました、という人がいたが、そうでなくちゃならんのである。
「三人姉妹」にしても、趣味はあると思うが、スコーンと何もない時間があった方が・・・、という方もいた。であるが、あの作品は最初から最後まで一気責めみたいにして作った作品である。リラックスするのは、終わった瞬間。であるが、そうは言っても、次第にそのリラックスがやっている最中にですら、出始めている。
「三人姉妹」はもう何十ステージやっているだろうか?40ステージ~50ステージだろうか?かなり行なっている。その結果として、見えてくるものもたくさんあるのである。すると力が抜けていく。ガンガン、押し込みつつも抜けが出てくる。
[PR]
by kikh | 2006-01-23 01:30 | 日々の記録
 
コニカミノルタ
下記のように書いた後で、よくよく記事を読んでみるとコニカミノルタは、デジカメも銀塩も止めてしまうと言う。
フィルムからも撤退だとか。

ううんんん!こりゃあ、下手をしたらキャノンとニコンになってしまう。そのニコンが銀塩撤退だから、キャノンばかりの寡占業界になってしまう可能性だってなきにしもあらずだ。

ミノルタよ、どうした。今から踏ん張れ、と言っても無理なのだろうが、ミノルタの技術が消えてしまうのは実に悲しい出来事である。
コニカも同じである。まったく寂しい限り。
[PR]
by kikh | 2006-01-20 00:56 | 写真
 
コニカミノルタ&ニコン
いろいろと驚くニュースが多いが、コニカミノルタのデジタルカメラからの撤退とニコンの銀塩カメラからの撤退のニュースには心底驚かされた。

僕は昔、ミノルタのカメラを持っていた。今はニコンであるが、そのミノルタからデジカメがなくなり、ニコンからはフィルムカメラがなくなってしまうのかと思うと、時代の流れを強く感じる。フィルムファンは、まだまだ多いはずである。けれど、量販店のカメラコーナーに行くと、新しく購入しようという人たちはもう圧倒的にデジカメに集中している。

ニコンのカメラに憧れていたが、つい衝動的にミノルタの一眼レフを30年近くも前に購入した時、なんとも嬉しく、一日中、なで回していたことを思い出す。だが、確かにフィルム代と現像代に金がかかって、結局、半年も経たずに僕自身フィルムカメラから撤退してしまったのだった。
思えば、カメラはフィルムでなく、デジタルになり、あまり金がかからずとも撮れるようになって、その楽しさを満喫するようになってきている。
だから、フィルムでなくてもいいとは思っているが(もちろん銀塩カメラは残すべきである)、ミノルタが撤退してしまうのは解せない。ミノルタはカメラメーカーであったのだ。
これはミノルタの文化が消えてしまうことであって、なんとも寂しい限りではないか。
ニコンにしても、銀塩カメラの名器が(最上位と入門機だけは残すらしいが・・)なくなってしまうのか、と思うと、やりきれない気持ちになる。カメラとは単なる機械ではない。
あるときは、自分自身の目になり、常に手の中にあるため、自分と一体化したような感覚さえ持つのである。

ううん、寂しいなあ。
[PR]
by kikh | 2006-01-19 19:00 | 写真
 
1/18 Ship in a View稽古
昼過ぎに「Ship in a View」の通しを見に、稽古場に行く。
「Ship in a View」と「島」のツアーが今月末からアメリカ、カナダで始まる。
3月上旬までのツアーであり、この間、さまざまなアウトリーチ活動も行なわねばならない。

アメリカという国の不愉快さも素晴らしさも良く知っているつもりである。不愉快さや傲慢さは最近では誰もが認識するほどになっているので言わないが、アメリカは新しい枠組みを構築する力にかけては日本の比ではないと思うのだ。方法論を探っていく、その結果が次に繋がっていくことをよく知っている国だ。そういう方法でしか、成立し得ないからだろう。それは基盤がアングロサクソンでありユダヤだから、と言えなくもない。

攻める狩猟民族と、疑いだらけの民族が基軸に据えられるならば、常に方法を探る方向には行くだろう。ゆっくり、のんびりと構えて時間と共に、「成っていく」ことを目指す農耕民とはまるで異なった様相を呈しよう。

難しいのは、これがグローバル化しつつあることだ。
ならば、方法を新たに展開せねばならない。そこで出てくるのがライブドアのような会社で、ある一面だけが突出した形で狂奔することになる。堀江貴文はホリエモンなどと呼ばれてスターとなり、そのスターの没落を目の当たりにするのは庶民の快楽でもあろう。浮上と凋落は、世の常であるが、これでまた、ライブドアならぬホリエモンが息を吹き返したならば、庶民はますますホリエをあがめ奉ったりすることになるだろう。そうやって浮上と衰退を目の当たりにしつつ、スタンダードが少しずつ変化していくことになる。だが、それを認識できる人はあまりいない。

「Ship in a View」は、白井さち子が今回、抜ける。膝をこの北米ツアーの間に治療してしまおうということである。その替わりに木下佳子というスターダンサーズバレエ団からノイズムにいたダンサーが入る。それからもうひとり、替わる。加賀谷さんという売れっ子ダンサーだが、彼女とは昨年、チリのサンチャゴで一緒になった。実にうまいダンサーだ。そのときに、「パパ・タラフマラは好きなんですが、もうこの年になってしまうと、新しいことをするのは、今さら、って思っちゃうんですよね」と言っていたことを思い出す。
それにしても白井が抜けるのは、厳しい。木下さんも一所懸命やっている。だけど、白井に比べたらまだまだ厳しい。だが、である。新しい姿を見せて欲しいと思う。バレエダンサーにしては目ずらしいくらいどん欲だ。その意識こそが重要だと思うのである。意識こそが次に繋がる。そして何かを生み出す。

稽古後に、いくつかミーティング。
しゃべり続け、頭がカラカラと鳴っているよう。

どうも体調がすぐれない。「HOG/百年の孤独」が終わってから、ずっと重い。
[PR]
by kikh | 2006-01-19 18:59 | 日々の記録


カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク