★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
<   2006年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
 
3/30 朝日カルチャーセンター
 一昨日、i-TUNEが壊れ、直そうとしてやたらと時間を食ってしまった。昨日やっと直り、そして音楽を入れ込み、またまたバートバカラックなんぞを入れて、再び聞き惚れる。
 何度聞いてもバカラックはいい。
 バカラック音楽は、メロディが命である。そのメロディがまたツボに嵌る。昔聞いたメロディが懐かしいというのもあるけれど、バカラックの音はしみじみと入ってきて離れない。なんだろう、この音楽は、と思うのである。甘いけれど、甘さだけならすぐ飽きる。渋いかと言えば渋くはない。新奇さがあるかと言えば、意外にないようであるのだ。この古くならないメロディ群は、バカラックならではである。

 昼前から研究生稽古。「レンチ」稽古を行う。が、なかなか進まない。実に遅い。のんびりのんびり進んでいく。すると睡魔に襲われる。ぐったりと疲れが襲ってきては目を開けると同じところを一所懸命繰り返している。まだか、まだかよお、なんて思いつつ、再び睡魔。からだがずっしりと重い。

 終わってあわてて、新宿に向かう。
 朝日カルチャーセンターでのワークショップである。いつもと同じワークショップではあるが、同じであって同じではない。常にメンツの顔を見ながらやるので、同じには絶対にならない。少しずつ変え、少しずつ変わっていく。
 今日も最後に簡単な発表を行った。約20分の作品と言えば作品になった。
 あるピアノをやっているという方が、昨日のワークショップを終えてから、スランプ状態を一気に脱し、飛躍的に演奏が伸びたような気がすると言った。
 たぶん、そうなのだ。このワークショップは潜在能力を高めるはずである。なぜなら、潜在的なもの、潜在的な感覚を呼び覚ますワークだからだ。

 飯を食おうとしたが、もういちいちレストランに入っているのが面倒くさくなり、立ち食いそばで済ませる。ところがえらくうまい立ち食い蕎麦だった。立ち食いだが更科そばで、それなりに高かった。決してやすくはない。通常のそば屋のそばより高いのだから。うまくて当然か。

 
[PR]
by kikh | 2006-03-31 00:17 | ワークショップ
 
3/29 ワークショップ
 朝、国際交流基金へ。
 2008年の話をする。

 そのまま、楢崎、仲島と溜池山王で打ち合わせを少しして、買い物。

 のち、事務所で会議。「僕の青空」の話をする。が、ぜんぜん考えている時間がない。
 楢崎が、こうこうこういう内容ですよね、と言ってくる。たしかに、そんなことを企画書として出す際に書いたような気もするが、明確ではない。あれは、山口滞在中に、もうまるっきり時間がない中で、一気に立てた企画であった。それも二作品も。
 企画をじっくりと練り込むなどということがあまりできない。けれど、じっくり練り込んだからと言っていい作品になるわけではない。思いつきが重要でもあるから、これはこれでいいのである。

 それから新宿へ。朝日カルチャーセンターでのワークショップを3時間行う。本来ならば、やっぱり5時間ずつ3日間は欲しいワークショップである。

 帰宅が23時。いつもより少し早い。

 それからまだまだパソコンと格闘している。パソコンがまだうまく動いてくれない。 
[PR]
by kikh | 2006-03-30 13:27 | ワークショップ
 
3/28 レンチ
 今日は朝も早くから研究生のための「レンチ」稽古。
 昨日の疲れは疲れとしてあるけれど、やらねばならんのだ。
 これは女だけ10人くらいの作品だけれど、だからこそ、どこかしら濃密さの漂う作品にしたいと思っている。
 夕方まで。
 それからはここのスポーツ施設のサウナにどっぷりと入っていた。のべで40分近くはサウナの中にいたのではないかな。
 疲れをとるのも仕事なんだが、サウナは神経が休まってぼくにはいい。

 ところで、いろいろと言いたいことがある人もいるだろう。それを書き込むならば書き込んでも構わない。しかし、もし、誹謗中傷や非難文を書くならば、実名で書くべきである。実名で何者かを明かすことが前提だ。そういう不文律みたいなものがあるとぼくは思っている。自分が何者かを明かさず、あるいは顔を隠して、喋る、書くような習慣があるのは陰湿で好きではないし、やるべきではない。もっと正々堂々としたいではないか。
 もっともこの国にいると、人々は多く陰にこもってしまう・・・。仲間内の言語しか持たない人が多いのが残念だ。

 さて、昔、薄気味悪い男で加藤・・・という変なのがいて、こいつ、ときどき自分を舞台に出してくれ、と電話をかけてきた。なんで俺を出さないんだ、って。礼儀をわきまえろと言って、相手にしなかったのだけれど、つい最近、警察に捕まったらしい。そういえば、「HOG」の公演中に、何で俺を招待しない!と嫌がらせ電話を制作に繰り返し、掛けてきていたらしい。捕まった理由も同様で、ある女性作家につきまとっていたのだとか。変な顔をした男だった。人間は顔にすべて出てしまう。
 あなた、あなたも自分の顔をよおく鏡に映して見てみては?
 
 さて、今から一本企画書を書かねばならない。
[PR]
by kikh | 2006-03-28 23:26 | 日々の記録
 
3/27 サントリーPEPSI NEX
c0036263_8183215.jpg
 朝、5時半起きで歌舞伎町行き。
 サントリーPEPSI NEXイベントのため、7時からロボットに乗る。3.5メートルのロボットの操縦を行うが、こりゃあ凄い。最初から演出家タイムを設けてもらって、ロボット試乗を行ったのである。なれないとこれは怖かった。さて、どうしようと思っていたら、海東健さんが登場。海東さん、瞬く間に運転を覚えてくれたので、難し目のライン取りをすることにする。
 海東さんはなかなかにすっきりとした男だったので気持ちよくできた。

 さて、ここから一気に10時半終了のリハーサル、ゲネを目指す。
 ゲネが終わったとたんに、プロデューサーの榎本了壱さんが「オモシロイ!」と言い、カメラマンが「こりゃあすげえ」って言ってくれたので、一応、ホッとする。

 本番は12時半。本番になると佐田さんの髪の毛がさらにパワーアップ。逆立っていて凄い。
 動きはまだまだのところがあったけれど、まあ、しょうがない、企画が持ち上がって約一週間、たったの6回の短時間稽古、やりくりが大変で決して満足はしていないが、時間的にこれで精一杯だった。楽しんで一所懸命やって、まあ、それなりには見せられたとは思うのでよしとしよう。


 グッタリと疲れたが、サントリーの宣伝部長をはじめとして、皆々さま方から賛辞をいただき、安心する。


 
c0036263_8184251.jpg
c0036263_8191397.jpg
c0036263_81936.jpg
c0036263_8192383.jpg



 少し新宿の街を歩き、一度、自宅に戻って風呂に入り、すぐに中野行き。税理士の林さんと話し。いろいろと難しい。
[PR]
by kikh | 2006-03-27 23:03 | 演出
 
3/26 すさまじい日々
 ここのところ、3つを掛け持ちでやっていて、もう疲れのピーク。
 ここまで毎日が忙しいと、まるっきり書く時間がない。もう何もできないのである。

 研究生の卒業公演作品「レンチ」、小池博史ワークショップでの作品作り、そして「サントリーPEPSI NEX」のイベントのための稽古。これが毎日のように続いていくため、それはそれはすごいモノがあったのである。
 
 今日は朝から14時近くまでがワークショップ作品作り、発表。32分の作品になった。なかなかいい作品になったと思う。それからWS生たちと昼食会。

 大あわてで両国へ移動し、「PEPSI NEX」の最終稽古。レンジャーの外人部隊がやってきたが、こやつら何とも強そう。筋肉ムキムキである。佐田真由美さんとも最終稽古。8分間の作品が仕上がった。
 明日は早朝から歌舞伎町コマ劇場前だ。

 くうう、すっごくシビアに大変。毎日、足の奥から疲れがどっっどっと押し寄せてくるようである。
 ううん、なんとも最高の疲れにしびれている。
[PR]
by kikh | 2006-03-27 00:15 | 日々の記録
 
3/23 稽古三昧
 朝9時からP.A.I.の稽古。
 ところが、相変わらずスピードが遅い。なかなか進展しない。覚えが鈍いから仕方がないが、ああ、時間が飛んでいくと思いつつ、あわてて夢の島の体育館を後にする。
 
 立ち食いそばを掻き込み、新宿へ。もう、最近は立ち食いそばの類がとても多くなった。もう食っている暇がないのだから身体にいいはずがない。ヤベエヤベエ。なんだが、マクドナルドなんかを食うよりは立ち食いそばの方がはるかにましだ。
 歌舞伎町コマ劇場前の広場をほぼ全スタッフが集合しての下見。
 ううん、昼間のイベントだから仕方がないが、それにしても余計なモノが結構、目に飛び込んでくる。これを避けようとすると無理が生じるので、避けずにうまく成り立たせる方法はないものだろうか?とは言え、どうやっても無理なんだが。もちろん金をかければ可能。金をかけずに、さて・・・・。
 
 すぐにタクシーで移動し、稽古場へ。
 PEPSIイベント稽古をどんどん進める。佐田真由美さんも来ての稽古。佐田さんは実に礼儀正しい人なので、かなりの好感度アップ。
 クライアントが16時にやってくる、と聞いていたので、代理店の方々も大勢集まり、スタッフも集まりでピリピリ。16時反近くから、なんとなくおおざっぱな流れを見せる。と、結構、みんな笑みが顔に漏れていたので、大丈夫だろうと感じたら、案の定。
 終わり次第、佐田さんのフィッティング。なかなか素敵な衣装となった。

 再び道を歩きつつ、パンをかじり、中野のワークショップ会場へ。
 今日から4日間のワークショップが始まるのだ。いつものワークを行う。今回の参加者はとても飲み込みがいいので、楽である。
 
 帰り、コンビニに寄って雑誌を買うために皆と別れ、腹が減ったので飯を食おうと大戸屋へ行く。正直、あまり大戸屋は好きではない。好んでは絶対に行かない。が、このコンビニの隣だったので、つい面倒くさくなって入ってしまった。と、すぐにワークショップ受講者たちが多数。
 いろいろと話をしているうちに、23時半。あわてて帰宅。
 しかし、本当に疲れていて、頭は回らず。
[PR]
by kikh | 2006-03-24 01:30 | 稽古
 
3/22 稽古
 21日は朝9時から13時まで歌舞伎町イベント稽古。
 移動して15時から21時までP.A.I.卒業公演「レンチ」の稽古。
 有楽町に出て、舞監の阪野さんと歌舞伎町イベント打ち合わせを深夜まで。

 22日。
 朝、P.A.I.卒業公演のため吉祥寺シアターに下見。なかなかすっきりとした小ぶりのいい劇場ではある。昼から歌舞伎町イベントの稽古を18時過ぎまで。それからミーティングをしつつ、自宅戻りが22時半。しばらくぶりに早い。けれど、どうにも疲れ切っていて、頭が働かず。本来なら企画書等、書き上げねばならないことが多数なんである。
 稽古後にアタマトテの山崎さんと少し話をする。今の日本の状況について。山崎さんのようにプロデュース稼業をしていると、いやになることがたくさんあるという。やっぱり日本の特殊事情を彼も語った。細かくは書けないが、納得。
[PR]
by kikh | 2006-03-23 08:32 | 日々の記録
 
バレンタイン雑感
 あ、そうそう。ひとつ。バレンタインデーでも何でもいいんだけれど、要は、「私はバレンタインデーが好きだからチョコレートをあげますよ。」なら、それはそれでいいんである。いやになるのは、だから「ホワイトデーにお返しをしたんですか?」なんていう心持ちなんである。バレンタインデーだからチョコをあげます。それは個人の自由だ。バレンタインであろうがなかろうが、もらう方は嬉しいかもしれない。けれど、「だから…」とやられると、それはおれにはそんな文化はねえんですね、で、忘れちまいましたね、でも仕方ねえよね、ってことなんですな。相手にそれを言うには共通の地盤に立たないと厳しいんじゃあねえの、ってことです。

 では共通の基盤とは何か?伝統とリアリティでしょ。どちらもないものに関しては、ちょい待って、だよね。
[PR]
by kikh | 2006-03-22 13:46 | うひょひょ!
 
3/20 組織よ
 昼からP.A.I.のオーディション。夕方まで。
 
 それから佐川急便の係長がやってくる。先日、時間指定で配達を頼んだのが、時間を外したため、まったく役に立たなくなってしまったため、謝りに来たいとのことであった。
 確かに、こちらサイドの意見としてはたまったものではない。だが、あれだけの宅配便を扱っているのだから、ミスもあるだろうなあ、と思ってしまう。そして係長、気の毒なほどであった。まあ、これからないようにしてください、と言って帰ってもらったけれど、ううん、こういうミスはどうやって防げるのだろうと考えてしまった。結局、管理システムの問題であって、係長に謝られても仕方なくはないが、あとは佐川急便が組織改革を早急にやるしかないだろうと思われる。そして、こういう会社だと謝罪も多いだろう。そのたびに嫌みと、苦情と怒声がこの係長には浴びせられるのだろう。ううん、辛い仕事だ。それだけに、組織改革こそが必要不可欠となる。これはぼくたちにとっても同じだ。受付で待たせる、嫌な思いをさせると、もう二度とこない客も多いのである。

 それからイベント企画の打ち合わせをオークボと。
 なかなかクライアントがいると大変であることを実感するが、それもまた、たまにしかやらない身にとっては楽しくもある。自分がすべてではなく、相手あってのこともたまにはいいもんだと思ってしまうのである。
[PR]
by kikh | 2006-03-22 00:25 | 日々の記録
 
3/19 三人姉妹・二日目&打ち上げ
 「三人姉妹」公演、二日目。
 朝11時にスタジオ入り。今日聞かされた訳ではないが、トークの相手に予定していた今福龍太さんが体調を崩したとかで、来れなくなった。とっても残念。今福さんも、これから先の未来をきちんと感得できる人だろうと感じるからである。
 照明チェックと簡単な動きチェックをし、公演。
 今日の「三人姉妹」は良かった。とても活き活きしていた。やっぱりこの作品はずっとやり続けたい思いが強い。
 その後、トークがあり、簡単な打ち上げがあり、打ち上げ二次会があった。

 この席で、バレンタインデーとホワイトデーの話になった。小池さん、ホワイトデーにはちゃんとお返しをしたんですか?なに、ホワイトデーってさ。ええ?!知らないんですか?池野でも返しているのに?駄目ですよ、だってさ。
 でも、ぼくはさ、とってもオカシナ光景だといつも思うのである。
 習慣として、贈り合う風習がある、それはそれでいいではないか?という考え方がある。あるいは、お菓子屋が作り出した慣習で、そんなものに乗っかるのは嫌だ、という考えもある。
 ぼくはですね、贈り物を贈り合うのは悪いことだとは思わない。それが実は人間の関係性を古来、作ってきた大本なんである。

 けれど、だ。いい年をした男女がバレンタインなんて、ぼくたちの生活にとってなんら親近感のないものに疑問を抱かず、はい、チョコレート、はい、お返しのホワイトデーってやっているのが、非常に気色悪いのだ。はい、チョコレート、ってもらえるなら、まあ、ぼくならば、いつでもいい。なにもバレンタインデーである必要はない。どうせ単なる慣習でしかないなら、どうだっていいとさえ言える。これが会話のキッカケになる、という人もいるが、そんな人にはもうちょっと積極的になれば、と言いたくなるだけだ。

 要はバレンタインデーはどうでもいいとしてさ、もう高校を卒業した、いい年をした大人たちがさ、少しはバレンタインって何?くらいの気持ちは抱いて欲しいんである。それはどうでもいいんです、慣習なんだから、というのはとっても奇妙。バレンタインにかこつけて物語作りをしたいんでしょ。ならば、ますますバレンタインが何か、くらいは知る必要がある。同時に、ホワイトデーって、ますます何なのか?って思わなくちゃいけない。

 それをだな、30を超えた一応、大人たちが、バレンタインデーに贈られたらお返しをしなくちゃ、とまるで何の疑問も抱かずに物語作りをしようとしたり、それを欲した話をしていられると、知能を疑い、そのセンスを疑う。いや、知能を疑うというより、本当は単に幼稚化しているだけなんだよね、としか言いようがない。年齢を経るというのは、自分自身の生活と文化とその背景がきっちりとリンクしていくことだろうとぼくは思うのである。バレンタインデーにいったい何のリアリティがあるのか?ましてやホワイトデー。

 これは屁理屈ではない。非常に重要な点である。分からないことも分かったような文脈に置かれると分かった気になり、感覚的に分かることが一般化されていない限りは、分からないということになったりする。その典型例である。
 みんなで渡れば怖くない、じゃあないが、みんなでバレンタインだからバレンタインなの、だったら理屈なんてどうでもいいでしょ、っていう声が聞こえてきそうだ。
今は情報の時代である。だから、素敵、明るい、きれい、そういう感覚的情報はすぐに流れ、すぐに飛びつくことになる。ヨーロッパはまだまだキレイな街であり、あこがれの街なんだろうと思う。キリスト教が一般的にはならなくとも、欧米の習慣が格好いいと思われる傾向は当分は続くとみていい。しかし、本来、大人とは、そういうことをきちんと整理できる層であるはず。だが、それがまったく幼稚化してしまった。ああ、将来が危ぶまれる。と、今日の会話を聞いていて、大きなため息が漏れてしまった。
[PR]
by kikh | 2006-03-20 22:25 | 舞台


カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク