★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
<   2007年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧
 
ワルシャワ
 ワルシャワは、良くも悪くも田舎くささが漂っている。第二次世界大戦時に99%はナチスによって破壊された街なので、この街は再生された街であることは間違いないが、再生されきっていないような、重さが残っている。人々の顔つきも同じで、ここの劇場のアシスタントは、ポーランド人はフレンドリーか?とか、いろいろと聞いてくるが、とてもフレンドリーな雰囲気はない。薄い鎧を纏っているような印象すらある。
 街を見渡して多いのはケバブ屋とセックスショップである。びっくりするくらい多い。なんだろう、この街は、と不思議になる。ケバブ屋は単にトルコ移民が多いからだろうが、どうしてトルコ移民が多いかは、聞いて回らないと分からない。
 ポズナンはドイツ的街で、ここワルシャワはポーランドの街だ、と言っていた人がいたが、その違いは分かるようで分からない。ワルシャワを歩いていると、やっぱりドイツ的だと思ってしまう。しばしばベルリンにいるような気分になったりすることもある。

 ここの主食は芋である。ドイツにいても、前にポーランドのルブリンで公演を行ったときも、決して主食は芋という感じではなかったのだが、(やっぱりパンだと思った)、ここでは芋、芋、芋と芋尽くし。芋と肉と酸っぱい野菜(ザワークラウトなど)である。まあ、飽きる。またたく間に飽きていく。でも芋がうまい。肉もうまい。が、特に芋だ。

 こういう街でワーグナーを聴いたり、モーツァルトを聴いたりすると、やっぱりピタリと嵌る。モーツァルトのレクイエムなんて、ワルシャワのための音楽ではないか、と思えてきたりする。西洋音楽は西洋で生まれているから西洋音楽だが、このような音楽は絶対にモノがすぐ腐ってしまうインドネシアのような国では生まれ得まい。日本でもあり得ない。この石、石、石でできた街だからこそ、この音が生まれ、この音が生えるのだ。

 アラタマが元気になってきた。飯もばくばく食っている。先日まで、痩せる一方で非常に心配していたが、今はばくばくだ。食い過ぎ?って心配になるほどになっている。
 そのアラタマから、心配だからアウシュビッツまで一緒に行ってほしい、と言われている。片道4時間くらいの行程で、これを一日で往復するのはかなりシンドイだろう。京都往復より遠いのである。せっかくポーランドに来たのだからアウシュビッツへ、か。
 ワルシャワにいるだけでも重い空気が感じられるのに、アウシュビッツか。とますます重い空気に苛まれそうだ。
[PR]
by kikh | 2007-10-29 18:34 | うひょひょ!
 
ワルシャワのネット状況
 まったくワルシャワのネット状況は本当に悪い。
 ダメだ。なかなか繋がらない。
 
 たぶんロシアに入ったらもっと悪くなるだろう。
 パソコンの調子が悪い。ツアー中に壊れなければいいが。
[PR]
by kikh | 2007-10-29 01:38 | 日々の記録
 
10/25 ポズナン→ワルシャワ
 朝早くポズナンの街を歩く。
 旧市街と新市街では街の風景が一変し、そして外れに行くと、また、非常に寂れた風景となる。これが旧市街に戻ってくると、一気に観光用の街の風貌を纏って美しく着飾った感じに変身する、そんな印象の街だ。
 ポズナンのカフェに入ると、そこはいつの時代と思わせるようなさまざまなポスターがかかり、時間が止まったようだった。止まった時間環境にいると、ゆったりとこちらの心までが成ってくる。リズムが変化する。

 11時にロビーに出て、ワルシャワ行きの狭いバンに乗り込む。車に荷物がなかなか載らず、パッキングに時間がかかって出たのは12時。着18時。4時間~4時間半という触れ込みだったが、実際には6時間かかった。
 夜は現地ディレクターに招へいされて、ポーランド料理というのを食ったが、まあレストランによるのだろう、もう少しマシなところで食わせて欲しいものだ。
 
 夜、いっぱい飲む。ビールもズブロッカもウォッカもうまい。 
[PR]
by kikh | 2007-10-26 18:44 | 日々の記録
 
10/24 ポズナン公演
 ポズナンにて公演。
 反応は変わらず素晴らしかった。
 アラタマが体力の回復が少し見られるのか、良くなっている。ハンガリーでは、倒れるのではないかと心配だったが、良くなって来つつあって、かなりホッとしている。

 とにかくポズナンはヨーロッパの典型的な美しさを持っているが、それは僕にとっては飽きの来る美しさで、崩れ落ちる儚さみたいなものはどこを取ってもない。
[PR]
by kikh | 2007-10-25 07:09 | 日々の記録
 
10/23 仕込み
 ポズナン、仕込み日。
 決して、嫌な感じの劇場ではない。ビックリするくらい良い劇場ではないが、まあまあだ。
 
 僕はずっと原稿書き。
 今回は音響をやっていないで、演出のみで来れているので、仕事はできる。だが、なかなかそれはそれで難しくはある。

 夜、ランスルー。
 現地スタッフが実に喜んで見ている。こういうことはちょっと珍しい。現地スタッフが笑って見ているというのはあまりないことである。
 まあ、大丈夫だろう。
 アラタマは少し元気になってきている。このまま回復を願うばかり。
[PR]
by kikh | 2007-10-25 00:54 | 舞台
 
10/22 移動日
 移動。
 ブダペストからワルシャワを経てポズナンにはいる。
 ポズナンと言ってもほとんど知る日本人は少ないと思うがとってもキレイなところだ。びっくりするくらい。ブリュッセルやエディンバラを想起させるような街だ。
 とは言え、ワルシャワの空港で6時間待ち。朝早くブダペストを出て、ポズナンには夜入る。
[PR]
by kikh | 2007-10-25 00:51 | 日々の記録
 
grand circus
 公演ツアーをしているときに、オフの日というのは、本当に数えるくらいしかない。だが、今回のツアーでは数回、オフが入っているので、そう言う意味では楽である。
 しかし、神経が緊張しているせいか、どうも朝が早い。

 早めにホテルを出て、ぶらつこうと思っていたが、結局、午前中は仕事が終わらず。いや、まったく終わっていなかったのだが、せっかくブダペストに来て、劇場とホテルしか知らないで戻るのはちょっとなあ、と思っていたから、外に出た。どこに行くでもない。ぶらつくことが目的で、そこで目に付いたものがあれば、入るという考えだった。

 橋本とハンガリアングランドサーカスの切符売り場で待ち合わせをして、サーカスを見に行くことにして、時刻を決め、別れたら、サーカスの開演時刻が実は待ち合わせ時刻の二時間前であることが分かる。だが、互いに連絡を取りようがなく、仕方ないので一人で見た。(そして終了時刻と待ち合わせ時刻が完璧に重なり、ますます橋本にはガーンとショックだったらしいが・・・)
 クラウン芸を橋本に見せて、いろいろとうんちくを垂れようと思っていたのである。ヨーロッパの昔ながらのサーカスを見せたかったのだ。シルクドソレイユみたいな派手なものではない。地味な昔ながらのサーカス。

 ところが、見てビックリ!!これは驚いた。
 なんであったか?中国雑伎団であった!中国雑伎団がハンガリー大サーカスになっているのである。出演者も全員中国人。いや、生バンドメンバーは中国系はゼロだったが、これもまた、西洋楽器で中国音楽を奏でるのである。
 これはなんだ!!オドロキ桃の木山椒の木だ。このサーカス団120年の伝統はまるっきりなくしてしまって、中国雑伎団に替わりにやってもらっている。雑伎団だから技術は凄い。しかし、まったくの雑伎団の技。見たモノばかりである。とは言え、ハンガリー人たちは大喝采。だが。だが。これでは伝統はまったくの根絶やしではないか。ハンガリーを代表するサーカス団が自分たちのサーカスの技をまるっきり継承せず、完璧に雑伎団を輸入するのは、文化そのものをダメにする。資金的な問題だとするなら、政府なりがもう少し対応できないものだろうか?残念でならない。

 この後、仕方ないので橋本と現代美術館に行き、それからチャイニーズレストランで中華を食おうと行ってみると、そこは潰れている。橋本の頭の中は、サーカスと中華で占められていたらしく、どちらもなくなって不機嫌になり、どうしてもパンではないものが食いたいとブツブツ言い、ならばとパスタを食ったが、このとき飲んだハンガリーワインのうまいこと。ハンガリーはワインがうまいとは聞いていたが、初ハンガリーワイン、なんとも最高の気分をもたらしてくれた。
[PR]
by kikh | 2007-10-23 15:48 |
 
10/20 ブダペスト2日目
 ソールドアウトだったが、客はそれ以上に入り、補助席を出し、かつ通路も舞台前の空きスペースもビッシリと埋まった。とにかく客が入るというのは良いものである。なにか緊張感が生まれる。
 出来は昨日よりはよかったと思う。ただ、問題もあって、やっぱり些細な部分での繊細さが足りないのと、タマの体調だ。
 カーテンコールも昨日よりも長いくらいで、コール拍手に乗って、長々と、終わることがないかのごとくコールが続いた。
 しかし、変わらず、ロビーに出ていっても誰も見向きもしてくれない。どこへ行っても少しくらいは、なんらかの接点があるが、ここではほとんどないに等しい。あの拍手の熱気とこの無関係な態度のギャップにとても不思議な気になる。だが、ハンガリー人は、そういう人たちなのだとか。劇場の人たちに聞けば、受けはものすごくいいらしいし、コールを見れば、そうだが、なんとも奇妙。恥ずかしがりで、内気なのだろうと思うが、この前のフィリピンあたりの状況と比べると、まるっきり違って、やっぱり妙な空洞に入り込んだような気がしてしまう。

 終わってから軽い打ち上げをメンバー内で。


 アートトップの最新号が出たようである。
 僕の記事が16ページに渡って載っているので、是非ともお買い求めを。

 http://www.gei-shin.co.jp/arttop/at0.html

 こちらを見てください。
 
[PR]
by kikh | 2007-10-21 17:41 | 舞台
 
10/19 ブダペスト初日
 初日の反応は素晴らしくよかった。カーテンコールが止まらず、調子に乗っていつまでもパフォーマーたちは愛想を振りまいていたが、ちょっと振りまきすぎだ。コールだけで何回になったのだろう。袖で見ていて、舞監は、止まらないですねえ、と言っていたくらい。この反応をここのディレクターに聞くと、客が非常に気に入るとこういう反応を示すんだよ、とのことだったので、まあ、よかった。
 なんでもここのディレクターはNYCのジョイスシアターで見て、関口満紀枝にいかれたらしく、来てなくて残念がっていたし、非常にいいパフォーマーだと言っていたが、橋本でも納得はしていた。でも、橋本が関口の域に行くには、あと数段アップする必要があるだろう。精神的に甘いところがどうも歯がゆい。というか、のんびりのんびり、ゆっくりゆっくり、感情の赴くままに、って感じか。
 細かいところは問題箇所がたくさんあるが、また、明日、修正するしかあるまい。
 
 終わってから、ゲッソリとしているタマオを除き、ハンガリー料理を食いに行く。ディレクターもアシスタントも一緒だ。タマオがちょっと心配。かなり痩せてしまっている。

 ハンガリーの平均月収は400ユーロだと言う。約6万円強だ。EUにハンガリーが加盟した後、サラリーはまったく変わらないのに物価だけはどんどん上がっていると嘆いている。だから生活は逆に苦しくなっているのだとか。
 なかなかブダペストのこの近辺は素敵なのだが。
[PR]
by kikh | 2007-10-20 16:02 | 舞台
 
トラフォ
 ここはトラフォという劇場である。
 トラフォの名前の由来を聞くと、トランスフォームから来ているという。すなわち、もともとは倉庫だったところをトランスフォームして劇場&アート空間としているということだ。
 こういう考えがいかに重要か、である。日本では、本当にトランスフォームする思想が根付かない。新しい劇場。新しい・・・。それも最先端の・・・。となっていく。しかし、このトラフォの面白さは、トランスフォームから来ている。天井が高い空間。決して音響効果が良いとは言えないが、手作りのあたたかみ。要は空間は思想だ、ということである。思想があれば、トランスフォームで充分、金をあまりかけずに良い場所は出来上がっていく。
 そういう発想をもっともっと根付かせたいと考えるが、どうも新しい空間、新しい劇場となっていく。なんとも寂しい限り。

 とは言え、ここハンガリーでも非常に珍しいことらしい。大変だったとはここのディレクターの話。
[PR]
by kikh | 2007-10-19 19:53 | 舞台


カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク