★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
 
12/30 その後
 「パンク・ドンキホーテ」が終わって10日が経過し、今は「Nobody, NO BODY」の稽古を行なっている。これは1月4日までしかできず、何とかそれまでに一通りあげてしまおうという考えでやっている。すでに9割5分くらいは出来ていて、残りはわずかであるが、詰め作業には絶対に時間を要するから、なんとか1月4日には、と思っているのである。その後、2月下旬まで稽古ができないのだから、必須だ。この間、海外に行ったり、国内での「ガリバー&スウィフト」と「三人姉妹」のツアーがある。そしてその間に台本は2本~3本、書き上げなくてはならないから、容易ではない。

 今日の稽古中に橋本が言っていたこと。「パンク・ドンキホーテ」の感想を何かのサイトに書いている人が結構多くいて、そのうちの半数くらいは下品とか下ネタに嫌になったと書いてあったとのことであるが、笑ってしまった。なんとまあ、悲しいことか、表層しか見えない人が多いのか、と。逆にあまりに表層的で、この国は大丈夫か?と危惧する。どこが下品なのか?僕には理解しがたい。そしてどこが下ネタなのかもまた、理解しがたい。が、分からないでもない。表面だけ見れば、そういう部分はある。しかし、それは猥雑なエネルギーが作品には必須だったからであって、それが目的であるはずがない。少しでもちゃんと見れば誰だって理解するだろう。小学生でさえ分かるのである。しかし、少しばかり知恵の付いた大人は全然ダメだ。表層でしか生きられなくなっている。少しでも下半身に触れていれば、下ネタになってしまうという下劣な精神を持ち続けているのだろう。しかしながら、下は上である。神でもある。下をバカにしちゃいかんのだ。それこそが、最も現代では弱々しくなってしまったエネルギーの源であろう。現代の日本人は、実に弱々しい存在となって、弱々しい舞台やアートを見て、さも知的と考えたり、感動したりしているが、その明白さ、それゆえの弱々しさこそが、今の日本全体の空気を作っている。弱さを実感すること。頭を殴られることの快感を覚えなければ、この国の再生などとてもとてもおぼつかない。人間は生と性、そして全身的な存在であることを強く意識しなくては、本来はこの世界には生きられないのである。
 新聞紙上では、日本の世界的地位低下を嘆く論調ばかりになってきている。民主党もわけがわからないその場しのぎを続けている。こんな風でなんとかなるはずがないことは誰の目にも明らかだろう。しかし、それら無責任、その場しのぎ、そして軽い軽い言葉。吹けば飛ぶような浅はかな言葉の洪水だ。首相の姿はまさしく我々の姿でもある。耳に心地よい言葉を求め、目に心地よい風景や映像を見たがり、心に心地よさばかりを求める、そんな人々はどんどんひ弱になっていく。そして新聞記者たちだって、どこまでも日本を憂い、現代を憂い、どこへ行くのか心配し、だが、行動へと移しかえている人たちはほとんどいないのである。自分の生活さえ安泰であれば、あとは心配面し、悲しげな顔をして、どこ吹く風なのである。
 
 そう言えば先日、小谷野君と飲んでいたとき、ある劇団の話になって、一歩先行けるのは頭が良いから、と彼は言っていたのであるが、一歩先というのは所詮、一歩先で十歩先ではないのである。僕はシャラクセエねえ、一歩先なんてさ、と言いたいのだけれど、全身全霊をあげて百歩先くらいを目指していく気概をもってはじめて、三歩先なり十歩先なりに行けるのである。秀才型の舞台なんて見ていて鼻白む。でも、日本は秀才型を良しとする国である。それは当然なのだ、なぜか。職人国家だからだ。以前も書いているが、職人が悪いわけではない。職人の凄さは重々承知。しかし、職人とは過去の伝統芸の中に生きる人であり、職人芸は、天才によってなる芸というよりは、秀才的辛抱の中に生まれ得る芸であるからして、その根幹をなす思想には触れたくはないという心情が我々、日本の民には溢れているように思えてならない。しかし、アートとは、やはり岡本太郎ではないが、爆発であり、思想的自由である。ゆえにピリピリと苦く、そして激しく、喜びに溢れるものでなければならない。僕は強くそう感じている。

 明日は大晦日。もう一年も終わりだ。毎年、なんと長く、そして短い一年だったか、と思う。短いと言えば短いが充分すぎるくらい長い一年だとも毎年、毎年感じるのである。充実しているとも言えるのだけれど、あまりにプライベートとは縁遠く、自分の事となると何一つと言っていいほど出来ない。自分のことは面倒になってしまうのである。こりゃいけない、とは少しは思うが、すぐに元の木阿弥。まあ、これはこれでいいや、ではあるが、それにしてもなあ、掃除している時間もない。フウ。
[PR]
by kikh | 2009-12-31 01:06 | うひょひょ!
 
音楽エッセー
音楽エッセーを書き出してから2年か3年になるはずだ。しかし、どうも確かな記憶がない。最低でも24本。多くて36本。2年なんだろうか、3年なんだろうか?曖昧なままだ。まあ、どっちでも良い。何を書いたか覚えているかと言えば、全然覚えていない。でも、思いつく限り名前等々を挙げていくと、ニールヤング、マイルスデイビス、フルトベングラー、ニーナシモン、チックコリア、山下達郎、武満徹、アルバートアイラー、生音楽について、音楽全般について、60年代歌謡曲について、映画音楽について、世界音楽巡り、サザンオールスターズ、カーラブレイ、ブルースについて、チャーリーミンガス、メディアと音楽について、エリックドルフィー、バートバカラック、デュークエリントン、カルメンマキ、セロニアスモンク・・・などは書いた記憶がある。こうやって見ると圧倒的にジャズが多い。とは言ってもジャズに震えたのは、ジャズがまだ力を持ち、エネルギーに満ちていた頃のことだなあ、と思わざるを得ない。そして日常的にはジャズよりも、他の音楽の方が多く聴いている。しかし、本当に聴かなくなった。昔は朝起きて、夜寝るまで、時間があれば音楽に戯れていたのだから、あまりに聴かない。
舞台も見なくなった。映画も見ない。かといって、別にマズイという気も起きては来ない。創作意欲がなくなったのか、と言えばまったく違って、逆に創作欲は増すばかりである。しかし、人と比較してもしょうがないと思うようになりつつある。誰が何をしているか、というのもあまり気にはならなくなった。だが、若手が元気が良くなくては未来はないから、若手が何をしようとしているか、何を作ってきたか、そういうことは気になっている。時間がないから見ることがかなわないというのはある。けれど、時間があってもなかなか「見る」というのはエネルギーを要する。面白い作品ならば大歓迎で、浮き浮きするのだが、舞台のほとんどは、グッタリしてしまう。それは僕にとっては丁々発止の力業、ハッとするような浮き浮き感、やるなあ、と思わせてくれるようなオリジナリティを持った感動がなければ見ても意味がないからだ。

どうも全体にエネルギーが落ちている。日本が落ちているというよりも、世界全体が落ちている。その中で相対的に中国やインドはまだまだ見劣りしないのは、安心、安全が一義にあるわけではないからだ。しかし、日本は政治含めてあまりに酷い。舞台もまた、見てはいないが酷いものなんだろうと推測する。なぜなら、いろいろな点で接したり、点で見ていると、フウム、こんな考え方しかできないのだ、と強く実感することが多いからである。舞台もまた思想である。何を語り、何を標榜するか、それで明瞭になってしまう。
とは言え、見ないと分からないのも事実なので、あまり大きな事は言えない。
[PR]
by kikh | 2009-12-27 22:37 | うひょひょ!
 
12/23 終わった
 11ステージが終わった。
 終わった後で、良かった、ダメだった、というような話は毎回繰り返される。そして、振り返って、「パンク・ドンキホーテ」という作品はどういう作品だったのか?と改めて考えさせられることになる。

 一方、パパ・タラフマラというカンパニーは28年が経過した。経年劣化していると、見もせずに思いこんでいる方も案外、多い。まだやっていたんだ、という言葉もたまに聞く。もちろん、若い時見て、それ以来、舞台を見ることはなくなっていたという方が圧倒的なのだが・・・。その一方、今回の音楽家であるアランの音楽家仲間含め、彼の友人たちの評価は非常に高いと聞く。小谷野関係やユリ関係も非常に良いという。
 この差は何か、であろう。もちろん今の時間を語るか、昔の時間とイメージを語るかだ。昔の時間とイメージを語らせないためには、話題化する必要がある。しかし、では、どうしたら話題化できるか、であろう。

 アランにとっては最高の舞台芸術作品へのデビューだと言っていた。これは嬉しい賛辞だ。
出演者として、なんでも彼は「大人計画」に出たことがあるらしく、演出家としての僕と松尾スズキの違いをいろいろと言っていたのが面白かった。僕はトランス型らしい。まあ、間違いなくそうだろう。こちらで引いて見つつ、同時に入り込んでいる。出演者以上に出演者のメンタリティになっている。それは誰に対しても、また空間全体に対しても一度にそうなってしまう。だから、空間全体がトランスする時間を醸し出す。出演者というだけではない。空間の動きも時間の動きも全部である。その重層性を認識できない人は難しいのだろうと思う。難しさは、空間の豊穣という概念が舞台芸術にはまだまだ乏しいからだ。未だに文学であり、技術である。

つくづく思うのは、舞台は頭の悪いヤツにはできないなあ、ということだ。頭の良さを絶対的に必要とする。頭の良さとは、総合的に感じとり、そしてそれを言語化し、同時に身体化させていく深い力量のことである。

それにしても疲れた。グッタリして、すぐにでも本書きに入らなくてはならないのだが、どうも筆が動かない。フウ。頭も少しは休めなくては。
[PR]
by kikh | 2009-12-23 23:05 | 日々の記録
 
改めて
改めて良いなあと思うのは、やっている人たちがみんな、本当に満足しつつ、さらに良くするためにどうすれば良いかと考えてくれることである。
今回、実に深いところで皆、やって良かった、こんな最高の作品で、と思っていてくれるようである。これは嬉しい限りだ。
残り6ステ、さらにさらに高めて行こうと思う。まったく尽きせぬものですな。
[PR]
by kikh | 2009-12-16 00:49 | 日々の記録
 
12/15 休演日
 5ステージが終わり、本日は休演日である。休演日だから楽かと言えば、もちろんそんなことはない。どうにもこうにも大変だ。
 昨夜は、中日飲み会が開かれ、盛大であった。中日でこんなに盛大で良いの?というくらい盛大で、みんな喜びに溢れていたから、とっても嬉しい。公演をやって、ここまで皆が嬉しがり、楽しがってくれるのは、やっぱり出来は良いからだ。出来が悪いとなかなかこういう状態には至らない。

 いろいろな反応が返ってくるが、大方は非常に良い。もちろん良い意見ばかりとは限らない。特にパパ・タラフマラの作品などは、特殊すぎるくらい特殊だから、日本の一般の方にはとても遠い存在となる。しかし、見方によってはこんなに分かりやすい作品はないとも言える。それは、既成概念で見ないということだろう。ところが教育とは恐ろしいもので、人の骨格を作ってしまうから、なかなかその骨格的概念性からは抜け出すことができない。しかし、教育とは為政者に都合の良いように行なわれるのが教育であるから、もっと、自由で、羽ばたけるような教育が行なわれるわけがない。これが大きな問題であろう。しかしながら、今回の作品も、神話的な意匠を纏う。つまりは、人間の根幹であり、人の意味を問いかける作品であるから、教育もクソもなく、全部ぶっ飛んで、大きな矢印を投げかける作品となっているのである。

 それにしてもなかなか難しいことだらけだ。フウ。
[PR]
by kikh | 2009-12-15 19:29 | 舞台
 
12/12 公演2日目
 昨日から公演本番が始まった。
 
 2日目はマチネ、ソワレの二回公演であったが、まるっきり出来が違う。今回のように装置が動き、さまざまなエレメントが凝縮しているような作品だと、非常にデリケートで、何かが狂うとなかなかそれを取り戻すのが難しい。パパ作品は、やっている方も決して楽ではない。楽ではないからマチネ、ソワレとあると、マチネに焦点を合わせたつもりでも、どうしてもマチネは甘えが出る。その心をどうやって確かなモノに変えていくかが、勝負であろう。

 3ステが終わり、残りは8ステ。まだまだ続く。どんどん凝縮した高みへと変えていきたいと思う。しかし、ここまで来るとキャスト、スタッフの精神力の強さにかかっていると思うのである。

 また、面白いのは、3ステ目を迎えて、やっと何をどうすれば良いかが見えて来だした。照明が入り、装置がキチッと動き、パフォーマーがパフォームし、全部が一緒になったときに無駄な箇所がハッキリとし出すのである。それには数ステージを要する。だが、それでも初日が好きと言ってくるお客さんもいる。初日のピリピリした感覚が好き、と。

 明日は朝から修正を入れる。
[PR]
by kikh | 2009-12-13 08:45 | 舞台
 
グランドデザイン
 事業仕分けに絡んで、今、私たちは良い場所にいるのだろうと思っている。
 それは事業仕分けがあるゆえに、ある種、分かりやすさを伴って、民主党の意向やら、財務省がどう考えているか、そういうモロモロを知ることができるからだ。所詮、民主党にしても、自分から全部出来るほど、分かっている人が揃っているわけではない。文化全般に渡って言えば、まず何も分かっちゃいないと言って間違いない。間違いないが、それらの人々が舵取りをするわけだから、分からないでは済まされない。
 やはり提言書を書いていくしかないだろう。それにしてはあまりに時間がない。しかしそうも言ってはいられない。
 今のままは、もちろん放ってはおけない。だから、動きを作り出すことが肝要だ。今こそ、日本をいかにデザインするかが問われている。子供手当を出すことが本当に国民のタメになるのか、ダムを建設しないことが国民のタメなのか、高速無料化は本当に有効なのか、民主党の目先のことを追いかけた政策にはガッカリもさせられるが、提言と捉えれば良い機会だ。それを指をくわえて見ていては、何も始まらない。
[PR]
by kikh | 2009-12-10 10:05 | 日々の記録
 
12/9 動体視力?
 本日、照明合わせの休憩時間中に、ある研究生が「小池さんは動体視力がとても良いんでしょうね」と言ってきた。それは、同時にいろいろなことをしているのをきちんと見ているからだと言う。そしてその研究生は「最初にパパタラを見たときは散漫に見えた」と言う。

 この意見は示唆的だ。なぜ示唆的かと言えば、通常はそういう風に見る訓練をしているから、と言えなくもな い。舞台芸術では、通常いかに焦点を絞るか、絞って見るか、ということを訓練されるわけだ。コレオグラフも一昔前はそうだった。そういう風にしか見れない人には、辛い舞台かもしれない。しかしながら、僕は全体をグッとひとつかみにすることを意識している。というか、昔からそういう癖がついている。細部を見つつも、全体を押さえる。全体で語るものを見ようとする。いろいろな事象が同時に起きていたとしても、あまり苦にならない。なぜなら、自分が必要とするものを人は見ると思っているからだし、それが僕にとっての普通のことだからである。感じるものを感じとるだけと言える。起きていることの、何も全部が必要なわけではない。だが、全部が共振しあって、はじめて成り立つから、一部を見て、細部を感じとることも実は可能なのだ。

 今、ある人形劇団からの台本執筆依頼があり、それはアフリカの作家であるエイモス・チュツオーラの「やし酒飲み」を台本化するということである。そこで、今日、25年ぶりくらいに「やし酒飲み」を途中まで読んでみた。いやあ、面白い。まさしく神話的である。通常の頭で読んだら、グチャグチャだあ、となりかねない。なんじゃこりゃ、だろう。だが、非常に面白い。昔、読んだときよりもずっと面白い。この神話世界に昔より遙かに共振しつつ、読めるからである。なぜ、共振できるようになったのだろうか?なんでもあり得るなあ、この世の中は、と思うようになっているから、とも言える。同時に、物理的にはあり得ないと思うことであっても、そうした物理性などというもの自体、今までの知識を元にあり得ないと思っているだけで、人間の知などというものは、所詮は数万年程度の時間しか体験し得ていないのであるから、知らないことの方が遙かに多くて当たり前なんである。

 そう思ったら、あらゆる事象に素直になる。全体を感じつつ、細部に見入る。細部を見つつ、全体を感じる。これが大切なのだろうと思うのである。

 今回の舞台もまた、ウッヒッヒと言えるくらいの豊穣の時間が堆積する。それを見れるかどうか、だなあ、と思うのである。
[PR]
by kikh | 2009-12-10 00:34 | 舞台
 
フウム。確かに、しかし・・・
 先日、事業仕分けに関する舞台芸術のフォーラムがあり、行ってきた。
 そこで面白いというか、非常に難しいと思ったのは、作り手は作ることで喜び、ツアー化できることで喜ぶ。助成金などを出す方はその成果の確かさを問う。そこにある溝は非常に深い。なぜなら、作る側は作ることを目的とし、出す側は成果を目的化する。そこで、この溝を埋めなければダメ、そして出す側に即したことを考えなければダメと必ず言い出す。それはそうだ。しかし、この逆はまずほとんどナイ。つまり、金を出すということの高みからの発言と、どうせアートなんて助成金がなくったってやるんでしょ、というアーティスト自身の発言のギャップ。どっちもどっちであるが、それは仕方がないとも言える。なぜなら、そのギャップを埋めるだけの教育などほとんどないからだ。
 文化は一朝一夕に仕上がるモノではない。徐々に徐々に積み上げて、やっと確かなモノに変化していく。しかし、その途中では簡単に壊すことができる。なぜなら、すぐに成果が出るものではありえないからである。
 ならば、必要なのは双方からの歩みよりであると同時に、それ以上に作り手側からのアイデア提示であろう。それは間違いがない。
 だが、話を聞いていると、私が、私たちのグループは、私たちの団体は・・・・という意見ばかりが目立つ。これをやっている限り、一般化した「認知」には到底至らない。
 しかし、できることは山ほどあるのだ。僕には「時間」だけがネックである。フウ。
[PR]
by kikh | 2009-12-09 10:51 | 日々の記録
 
12/8 劇場入り2日目
 本日は劇場入り2日目。
 12月12日夜の公演後にアランパットン&藤井健介&小池でのトークを行なうことが決まった。加えてアランバンドのミニライブ演奏を12月17日の公演後にもロビーで行なうことが決定。
 現場では盛り上がっている。
 今回、二人のゲストがコメントを寄せてくれている。とても嬉しいコメントで、やはり深く勇気づけられる。

 作品は充分に面白く、深い作品と化している。さらに深く重層化することも肝要だろうと思う。
[PR]
by kikh | 2009-12-09 00:32 | 舞台


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク