★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
 
10/25 アセップが来る
 アセップがやってきた。一日も早く、というのでやってきてくれたわけだが、残り1ヶ月。相当な詰め込みを行わねばならず、大変だ。相変わらず、妙なる面白さがある。だが、問題は常にソロでやってきたということで、大勢で一緒にやったのは「ガリババの不思議な世界」のみのよう。だから、合わせるという作業がとても大変だ。

[PR]
by kikh | 2010-10-29 12:38 | 日々の記録
 
風の旅人
 雑誌「風の旅人」、最新号に僕の文面が載っています。
 是非とも読んでみてください。
[PR]
by kikh | 2010-10-17 00:59 | 日々の記録
 
あらら
 ダイアリーを見ると、随分長いこと書いていない。10月3日以来だから2週間も書かなかったことになる。本当に久しぶりだ。
 
 韓国の公演は、素晴らしい反応だったからまあ、いいとして、帰国後、なんだかんだとバタバタしている。実家にも戻って、母親の相手をする。今は「家が重い」と言い出している。確かに。一人で住むには広すぎだし、その維持だけでも大変だろう。電球ひとつ切れても、交換するのがしんどいらしい。松を一本切りたいと言う。維持するのが大変と。草むしりも、さまざまな樹木もだんだん重荷になってきているようだ。年を取るというのはこういうことか、と僕もまた実感する羽目になる。中途半端に大きな田舎町だから、不安もあるようだ。田舎ならば、そうそう変な人間はいないかもしれないが、やはり怖さもあるらしく、カーテンを閉めていないと不安とか、そんなことを言っている。そう言われれば、言われるほど、ときどきは帰ってやらんといかんなあ、とは思うのだが、これまたなかなか難しい面もある。だが、なんとか月に一度くらいは戻ってあげたいものだと考えてしまう。

 明日から「白雪姫」の稽古が再開。しかし、今現在は問題山積み。あるインドネシア人ダンサーの問題が勃発して、(まあ、これに関しては本当に腹立たしいのだが・・・)、なんとか次のステップを見つけなければなるまい。それに加え、菊地は病気・・・などなど。まあ、しかし、常に問題はあったわけで、そんな中、来年は三十周年記念の年である。
 ありゃりゃ・・・いつの間にか、そんなに!!なんである。
[PR]
by kikh | 2010-10-17 00:56 | 日々の記録
 
ソウル入り
 夕方の便でソウル入りする。
 しとしとの雨。涼しい。
 明日、一週間ぶりで稽古をする予定だが、一週間空けるとだいたいダメになる。空気感が非常に掴みにくくなってくるのである。頭と身体の相違が出てくるのだ。身体は日常に埋没しているわけだから、それが出ると言ってもよい。「三人姉妹」のように繰り返し繰り返し、この日常、非日常を行き来した作品というのは、それほど難しくはない。なぜなら、そのスイッチの入れ替えが簡単にできるようになってくるのだから。それもまた、身体である。
[PR]
by kikh | 2010-10-04 00:32 | 日々の記録
 
10/2 多摩美WS終了
 多摩美でのワークショップの発表を終える。
 三日間で、全9時間、実際には10時間のワークショップで時間的には短く厳しかったが、楽しい時間となった。基本に据えているのは「ゆっくり動く」ワークショップである。ゆっくり動く、それだけの事でどれだけ多くの事に気づくことができるか。人が日常、感じ取っている時間と別時間に生きるだけで、見えてくるものは非常に多い。この基本に別の時間軸を持った事象を加えていく。つまり身体と時間を相対化できる環境を与えることで、自分自身への気づきを深くしていくのである。
 美しい作品になったと思う。身体が感覚体となっていくとき、どれほどの深さ持ち得るか、それを毎回、このワークショップでは気づかされるのである。だから、面白いし、いくらやっても飽きることがない。

 終わってから、若いみんなと飲み会に行く。元気な連中が集まっていたので、これも楽しかった。どうもどんよりとしている若者が多いが、ワークショップ後だったせいもあると思うが、清々しいくらい元気だった。終電近くで帰る。
 
[PR]
by kikh | 2010-10-03 08:34 | 日々の記録


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク