人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
3/25 Clock & Flower と 新しいP.A.I.
 いつもいつも時間がないと言っている。いかんいかんと思いつつも言ってしまう。言うことで再び時間がないと感じられるようになるから悪循環である。時間はひとりひとり平等だ、と言うことは簡単だが、あまり平等でもないようである。物理的な時間はもちろん平等であっても、感覚的には時間の感じ方はまるで人によっても、置かれている状況によっても違ってくるだろう。
 
 研究生のために作っている作品「Clock & Flower 」は「百年の孤独」とは関係あると言えば関係がある。しかし、ずいぶんと違ったものを意識して作っている。死んでいるのか生きているのか分からない、地場に住みついている何かを描いている。感情の起伏は激しそうで乏しく、乏しそうで激しい。時間は悠長であって、せっかちである。苦しさが歓喜に反転し、歓喜は瞬く間にどん底に突き落とされ、地べたを這いずることになる。

 P.A.I.は来月から開始されるが、来月からの来年度は、指向性を大きく変えたものにしようとしている。ひとつは平日3日コース。これは今までのP.A.I.の延長線上にあるが、土日コースはまったく違って、一般の人々に焦点を当てている。なぜなら、やっぱり「身体」なのだ。「身体」不在でいいはずがない。身体を実際にカラダを動かすと同時に頭で考えていくものにしたいのだ。本気でカラダを考えていかないと、もう人類には未来はないだろう。そういうことを知る人たちを増やさないとヤバイのである。
by kikh | 2005-03-25 23:39 | 日々の記録
<< 3/26 ワークショップ 3/23 賞とはしょうもないもの >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク