人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
3/27 ワークショップ発表は楽しい
 今日はワークショップの発表会があった。
 どうも俺はこのワークショップの最中はウンコ話ばかりしているらしい。俺のウンコの話が面白いと言ってくれる女の子がいたりして、なんと言ったらいいのか?どうも気恥ずかしいものである。ウンコと言っても、インドでのウンコ目撃談であり、同時にウンコを隠す、恥ずかしいと強烈に思う日本人メンタリティの話である。
 ウンコをするというのは生理的な、きわめて生理的なことであって、ウンコをするのは当たり前のことであるはずなのに、それをするのは恥ずかしいことであり、できる限り隠すべきことであり、ウンコをすると子ども時代は馬鹿にされるという、きわめてヘンチクリンな文化を持ってしまった国に生きている俺たちの話をしている。中国へ行けば、地元住民のための共同トイレがあって、そこの内部に入るとまったく塀がない。つまり誰も彼もがダイレクトにウンコやら小便やらしている状態を目の当たりにするわけだ。ウンコをしながら世間話をしているんである。俺がそんな扉を開けようモンなら、こっちが気恥ずかしくなって、さあてどうしたもんかと悩んでしまう。そして瞬く間に、さっと外に出るという行為に出ることになる。
 しかし、考えてみれば、ウンコは日本人にとっても食物の肥料であったわけだから、当然、最も愛すべきものとしてあったはずである。いつから、小学校の男子トイレから小便器がなくなって、すべて個室トイレにしてしまった、そんな学校が出てくるようになった時代になったのか?まあ、いろいろと考えられるが、ろくでもない時代になったと思う。

 さて、ワークショップの発表は6回で28分くらいになった。作品は面白かった。さすがの集中力で、みんな、本当にいい時間を過ごしてくれたと思う。

 終わってから、昼食会なんぞを。大勢で集まっての昼食会となった。それにしてもよくぞまあ、と思うのは、今回のワークショップ参加者は実にいろいろな劇団の劇団員が多いということだ。ここでも喋った喋った。
 そして急ぎ抜けだし、次につくばの方々と同じくいろいろと話をする。

 大至急、戻ってきて、P.A.I.第一回オーディションを行い、選考会を開き、それから楢崎と長々と飯を食いつつ、打ち合わせをする。しばらくぶりに楢崎と気持ちのいい打ち合わせができたと感じた。同じ方向性に向かって、気力とともにミーティングができるというのはとても気分のいいものである。
by kikh | 2005-03-28 00:42 | 日々の記録
<< 市民にとって有意義なものとは 3/26 ワークショップ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク