人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
6/19 休日のはず
 朝5時に目覚める。
 本当は、今日はゆっくりと休む日だったのだけれど、とんでもなかった。
 メールやら何やらの雑務。
 朝、7時過ぎからレストランで朝食を摂りつつ、そしてカルトーラを聞きつつ、メールを書いていたら、シルベストレが現れる。で、手に持ってきたのがベリンバオというブラジル伝統楽器である。どうしたの?これを僕にクレル、と言う。嬉しい。であるが、いやはや、荷物になることを考えると嬉しいとばかりも言えない状況なんだな、これが、旅する身としては。だが、ベリンバオはシンプルで面白い楽器だ。これで歌を昔、シルベストレは聞かせてくれた。これがまたいいんだ。この、シルベストレ、この迫力ある存在感、なにゆえに、ブラジルではまったく無名なのか?不思議である。たぶん好き嫌いがはっきりしすぎているのだろう。そしてCDを3枚。まっ先に出してきたのがカルトーラであった。カルトーラのCDをちょうど僕がカルトーラを聞いている時に出してくるんだから、ニクイ。
 昼過ぎまで仕事。
 
 それから久保さんと道子さんと一緒に、ポルトガル語への「HOG」翻訳ミーティング。もうほとんどポルトガル語への翻訳は終わっているようなのだけれど、その細かな部分の確認ミーティングである。細かいところまで詰めて考えてくれていた。素晴らしい。
6/19 休日のはず_c0036263_8294690.jpg 終わって、リベルダージに連れて行ってもらった。何と言っても、プロポリス。同時にガラナ粉末を購入。日本人街であるが、今では日本人が経営するというより、中国人経営の店が多いそうだ。なんでも中国人にはビザがなかなか降りないそうで、ただ不法入国した後、仕事しなければ食えないので、中国系の人たちは何でもやるのだそう。焼きそば屋が流行っている。これもほとんどは中国系の人たちがやっているらしい。「YAKISOBA」と書いて、である。

 17時半からレイチェルと映像ミーティング。
 ところが20時近くなって突然、異常なほどの眠気が襲ってくる。飯を食いに行こうということになったが、ほとんど死人のように眠さとの戦いとなった。え、死人は眠くねえか。まあ、いい。眠さとの戦い。飯を食っていてもガクリと眠気が襲う。

 いつかしら帰ってきて、電気を煌々と点けっぱなしでベッドにぶっ倒れていた。ほとんど記憶がない。
by kikh | 2005-06-20 19:54 | うひょひょ!
<< 6/20 リオへ コパカバーナ 6/18 くらくら >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク