人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
12/19 サイゴン/ミトー
 大急ぎでゆるめるために、今、ベトナムにいる。
 神経をゆるめてあげないとまずいんである。パンパンに張ってしまっていて、だから、ひとりでポーッとできる場所、何と言っても海外に出るに限る。それも僕は東南アジアが一番、気楽でいい。
 考えないためなんで、本当はパソコンなんて叩かない方がいいんである。
 
 アジアは、いつもアジアだなあ、と思う。そのおおざっぱさがなんとも言えず、気持ちがいい。
 
 今日はサイゴン、今はホーチミンシティと名前を変えたが、そのサイゴンからメコンデルタ地帯のミトーまで行ってきた。片道2時間。フラフラとダラダラと歩き、ダラダラとメコンクルーズなんぞをして、メコン川に入り込んできた。
12/19 サイゴン/ミトー_c0036263_1334095.jpg
 

 母なるメコン。果たしてこれは河か?湖より広く、海のように対岸すら見えず。ドロドロの泥色に染まったメコンは、昔から来たかったところだ。だが、この広さ以外には大した感慨はない。
 とは言え、この広さがもたらした感覚はとっても大きいのだろう。人々は川にすがっていき、川と共に生きてきた。インド人がガンジスに感じるような崇高さを持ち合わせてはいないが、もっと現世的で、それはベトナム人の宗教と同じように、混沌としつつも共感を持って生きている、そのような優しい肌触りを感じるのである。

 とは言え、生っぽい商売根性ばかりが透けて見えることも多く、なんとも愉快さからは遠いが、インド人に比べたらかわいいもんだ、とインドを経た身にとっては、大したことではない。
 ただ、アジアに出たら覚悟しなくてはならないのは、日本人は吹っかけられる存在だということだ。日本人と分かった途端に、料金が上がる。何でも日本人料金、韓国人料金というのがあるそうだ。一番高いのが日本人料金、次が韓国人料金。しかし、これもアジア人料金で、この上に、欧米料金というのがあるそうな。でも、日本人は「ハイハイ」と聞いてしまうからギョしやすいんだろう。アメリカ人だと言っておくと、相手は面倒と思うらしく、黙ってしまいがち。
 俺はしょっちゅう、人種を変えている。どうせわかりっこないと思っているが、仕草等で、日本人とばれることはある。慎重にならねばならんね。

 あ、驚いたことがひとつある。
 それは下の写真を見てもらえれば分かるのだが、田舎に限らず、ここミトーでは、家の庭に墓を作っているのである。全部の家庭ではない。たまに見かける。ギョッとするのである。庭に墓??ううん!死と共に生きているねえ。
12/19 サイゴン/ミトー_c0036263_1455685.jpg

 
 今日はしばらくぶりに相当歩いた。ミトーからの帰りのローカルバス内には、周りのバイクやら車の排ガスの匂いが充満し、たまらんかったけれど、それでもウツラウツラ。 
 
 戻ってきて、ベトナム料理屋に行って、一息入れる。
 なんとも気持ちのいいベトナム料理屋で、最高に美味かった。
 ベトナム料理とは中華料理のさっぱり版と僕は認識している。台湾料理も中華料理のさっぱり版ではあるが、方向性がずいぶんと違う。ベトナム料理の方がずっとさっぱりしている。なぜなんだろう。春巻きひとつとってもベトナムでは生春巻きでしょ。このようにさっぱりなんですな。
 
 明日はフエに行くことにした。古都である。本当はビーチでノンビリと思っていたんだけれど、人と時間の匂いに惹かれて、フエに行くことに決めた。
by kikh | 2005-12-20 01:33 |
<< hue 入り 2005年12月15日 特別な日 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク