人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
1/22 Ship in a View&島
本日は「Ship in a View」と「島」、両方の稽古。

まあ、まだまだである。とは言え、あと通しは6回。ううん。でも、何とかなりそうな兆候は出てきだしている。
加賀谷さんも木下さんも何かを掴んだように見えた。もちろんここからが大変なんだけれど、掴まないことには次が見えまい。

「島」、まあだまあだだな。
「島」は3月公演だから、2月のツアー中に稽古すればいいということもあるが、そう事は簡単ではない。その認識が必要だろう。

途中、縫原と偶然、バスに乗り合わせ、そのときに、私が「青牛」の時に、ガンガン痩せたという話で昨日は盛り上がったのだ、と縫原が言い出す。要は、その「ガンガン」ができるのが、「奇天烈」だから、だと言うのだけれど、そんな馬鹿な、である。だって、そうだろう。何をしたいか、だ。そのための努力くらいするのは当然だろう。野球選手になりたければ、野球の稽古くらいとことんするのである。人一倍やらなくてはダメならば、やるんである。身体が重いならば、痩せればいいだけのことだ。軽いから肉を付けなくちゃ、というのとは訳が違って、はるかに簡単である。肉を付けなくちゃというのは容易ではない。要は、物事を難しく考えちゃいけないのである。何をしたく、何を感じ、ならば、どうすればいいか、自ずと答えは出てくるモノである。そういう意味では俺は単純きわまりない。だから、あまり悩まない。悩み、というのは、通常は、変な意識が入り込むからである。単純に考えればいいのだ、難しく考えなければいいのだ、と思うけれど、なかなかそういう人はいないようで、ううん、フクザツナンジャナアアと感心しきりなんである。要は暇人ということではないか、とも思うんだが。
by kikh | 2006-01-23 01:41 | 日々の記録
<< 1/24 虚の仮面の下も虚であった 1/21 P.A.I.発表会 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク