★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
2/11 Ottawa Performance
今日の公演は素晴らしかった。
 UCLAではまだいろいろと問題もあったが、このパフォーマンスは最高に良かった。
 オーディエンスも素晴らしい反応を示していたし、今回関係したすべてのスタッフがエクセレント、二年以内に是非、来てくれ、みたいな言い方で讃えてくれたり等、すごく、すばらしく、最高の反応で、皆が応えてくれた。
 聞いてみると、この劇場での最高の反応だという。
 こちらの最もやかましい批評家の反応もとても良かった、とのことであった。
 終わってから、レセプションに駐カナダ大使や一等書記官など大勢の大使館関係者も来てくれたけれど、見た経験はないが、ともかく素晴らしいを連発してくれた。
 ここのディレクターのキャシーは、もう来年以降の話をし出した。「HOG/百年の孤独」をやって欲しいという。可能ならば、是非である。
 ともかく、いい反応ばかりで、とっても良かった。
 
 ううん、今日はあまりにいいので、今、酔っぱらってしまっている。
 舞台をやって良かった、と思えるのは、こういうときだ。最高だ。ああ、なんという至福の時間か。

 今、ジャスト0時。ああ、明日の朝、6時前にはバス出発である。アナーバーに向けてだ。
 じゃあ、あすの昼には、もうアナーバーで仕込みに入っている。こういうとき大変なのはスタッフである。
 感謝以外のなにものでもない。

 ともかく「Ship in a View」参加者、並びにNational Arts Center の皆々様に感謝である。


 と書いてから、眠くないので、写真を撮りに夜のオタワを歩いた。2時間も歩いただろうか。
 息をしていると鼻から出てくる水蒸気が全部、髭について、髭で氷の結晶となってこびり付いていた。これには驚いた。同じく襟巻きをかなり上まで上げていたのだが、その襟巻きに氷がびっしりと貼り付き、パリパリになっている。
 ううん。さむううううううい。写真を撮るために、自転車用手袋をしているが、もう指先はかじかんでしまって、限界だった。夜中2時半に戻ってくる。

 
c0036263_7552664.jpg
c0036263_7561971.jpg
c0036263_7571878.jpg



 パッキングはほぼ終えている。
 眠らなくては。
 明日は5時45分のバスに乗る。
[PR]
by kikh | 2006-02-12 14:29 | 演出
<< OTTAWA PHOTOES 2/10 テクリハ&僕の青空へ向けて >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク