人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
9/11  9・11
 9・11。5年前のことを思い出す。
 あの時、ちょうど、飯を食っていたな。どうも何を見ているのか、分からない気持ちになって、不可思議な世界に迷い込んでしまったような感覚に陥ったことを思い出す。あのあっけなさ。あれから何度、ニューヨークの、あの場所に行っただろう。ダニエルリベスキンドの建物が建つことになっている場所。あの後、やってきたジョシュフォックスの顔も忘れられない。ジョシュは、ブルックリン住まいで、あの光景をブルックリン側から目撃したと言っていた。その同じ光景を日本ではテレビで眺め、「なんかさあ、飽きちゃうよね、同じで」という言葉が漏れ出てきたことを耳にしたのも思い出した。なんという相違。本当に身体に響かない、身体不在の日本の人々。それに自分が常に世界の中心であることに何の疑問も抱かない不思議さ。
 あれからもずっと日本を見ているが、見れば見るほど奇妙な社会の日本だ。しかし、奇妙さは認識されないまま、どんどん増長している。
 9・11は、ひとつのリトマス試験紙のような役割を果たす。毎年、あのことを思い出しては、何も変わらないまま、いつの間にか、「健全な国家」へと向かっている。健全は果たして、本当に健全か?そういう疑問を抱かないまま、だ。

 今日は、2ステではなく、1ステだったが、その準備に少々失敗感が残った。なんか準備の仕方がまずったのだ。が、何をまずったのか?どうも明確な答えが出ない。確認をもっとすべきだったという何となくの感触がある。
 が、今日のステージは良かったそうだ。
 それが面白い。やっぱり面白い。自分の失敗感と客席からの感覚ではどうも違う。それは分かっているけれど、やっている方としては自分が中心になる。それで俺が全体を見てしまうと、いや、感じる必要はあるのだが、その感覚が中心になってしまうと舞台として成り立たなくなっていく。だから、自分に注意を向ける必要がある。
 観客が溢れていて、大変だったようだ。明日は大丈夫だろうか?今日は月曜日なんである。
 終わってから、建築家の畑さん、美術家の金子さんと飯を食う。
by kikh | 2006-09-12 00:59 | 舞台
<< シュガーベイブ&ドルフィー 9/10 まちね、そわれ >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク