人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
シュガーベイブ&ドルフィー
 今日は楽日だというので、なんとなく朝からシュガーベイブをしばらくぶりに聴いて、すごく気分のいい思い。
 シュガーベイブというのは山下達郎、大瀧詠一、大貫妙子らがいた70年代にほんのわずかだけ活動したグループだけれど、その後のいろいろな音楽の種が蒔かれていて、聴く度に、新鮮な思いが伝わってくる。若々しさの、それゆえの明るさの特権のようなものかな。

 続いて、ドルフィーを聴いてしまった。
 エリックドルフィーのアルトサックスはもちろんだが、バリトンサックスの咆哮がえらく心地よい。あまり、この変な音を心地よいという人はいないかもしれないが、僕にはなんとも言えず心地よい。
 エリックドルフィーはジャズサックス奏者で、もう40年くらい前には亡くなっている。が、今でも最も気に入りのサックス奏者だ。チャーリーパーカーのソロは確かに天才で、止めどなく溢れ出てくるアイデアにいつも唖然とさせられるし、コルトレーンもウェインショーターも確かに凄い。オーネットコールマンの音にもしばしばやられるけれど、僕はやっぱりドルフィーが大好きで、蛇がのたくっているような音、穴蔵を潜っていくような音にしばしば感嘆する。ドルフィーがメンバーの一員だった時代のチャーリーミンガスなんてもう最高。ミンガスは、まったく尊敬に値する音楽創造者で、彼のベースもまた野太く、力強い音でグイグイと波を作り出していくのである。
 僕はマイルスデイビスは大好きだけれど、ミンガスやドルフィーもまた、素晴らしく好きなんである。ミンガスやドルフィーを聞いていると、平静なアドレナリンがガンガンと上がってきて、こりゃあ、もう一丁、行かねばならん、みたいな気分になってくる。

 
by kikh | 2006-09-12 11:09 | 日々の記録
<< 9/12 楽日 9/11  9・11 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク