人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
9/23 移動し続ける
今日は移動するだけだった。マクロードガンジ行きである。

 朝7時にここに車が来るから、待っていろ、と言われたので、待ったが、誰も来ない。すると、昨夜、そう話をした男がツカツカとやってきて、事務所へ来いと言う。行ってみると、紙を差し出し、ハッピーかハッピーか、と聞いてくる。もちろん俺はOKとしか答えない。これに、このハウスボートがいかに良かったか、一筆啓上願いたい、とのことだった。そして他の人たちが書いたモノを見せられた。
 もちろん断固拒絶する。
 これはいくら何でも書けないね。と思って、実は英語で褒め言葉を書いた後で、日本語で、全部嘘だから、絶対に止めろ、と書こうかとも思ったけれど、それは止めた。理由をいろいろと聞いてくる。確かにいい時間を過ごすことはできたが、決してカンファタブルではなかったからねえ、とだけ言った。ただ、昨日、ここの男で一緒に来たいけ好かないサーバント野郎のことだけは話した。チップチップというから100リラ出したら、こんな少ない金額かよ、と言ってきた。俺は最低でも500で、日本人なら1000~2000リラを出してくれる人もいる。僕は当然、1リラもこの男にはあげていない。まるでチップの精神に反しているからだ。こういうヤツばかりじゃないか、ここは。今日の朝だって、7時に、おまえはこのポイントで待て、と指さしただろ、俺は朝6時に起きて準備し、7時に待っているのに、なんだ、このありさまは。もう8時になるぜ。
 この話には続きがある。初日にマネージャーが言ったことが、後で嘘だったことがはっきりした。というのは、車は別カンパニーから手配したようで、その運転手と話していると、やっぱりレー行きがない、ということなどない、ということだった。まだ運行していると言った。あのカンパニーはダメだ・・と言っている。そしていろいろ自社の宣伝をしていたが、これもどこまで本当か疑わしい。まず嘘半分である。なにがカシュミール人はインド人とは違うだ、まるっきり同じである。

 ともかく、朝8時にシュリナガールを出て、結局、ダラムサラ、いやちょいと上のマクロードガンジに着いたのはもう深夜0時を回り、0時半になっていた。車のドライバーが紹介してくれたホテルに宿泊する、が、なかなか良いホテルだと思っていたら、突然、真っ暗になった。電気がすべて止まってしまった。ロビーに行っても誰もいないし、真っ暗闇なんで、どうしようもない。
 とは言え、シャワーくらい浴びないと顔も頭もホコリと汗でべたべただ。だから、暗闇の中、手探りでシャワーを浴びる。寒い。寒さがズンズンと襲ってくる。
 その真っ暗な中、ベッドの中、バッテリーで書いている。今はもう1時40分を回っている。
by kikh | 2006-09-24 21:01 |
<< 9/24 マクロードガンジ初日の途中 9/22 K2を見に行く >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク