人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
9/24 続き
 今日、やっとインターネットカフェで、自分のパソコンを繋ぎ、Eメールのチェックと送信ができた。Eメールはものすごい数で、チェックするだけでもやけに大変。でも、数が多くなると、本当に必要なことしか書かないので、とても機能的になる。機能性しか考えていないというか、それしかできない。
 東京でも海外の件、国内の件で動きがいろいろと出ているらしい。

 また再び、足首が痛み出している。山行きでちょっと無理をしたのが響いたのか、そのとき、そして昨日と、水をあまり飲まないように心がけていたのが響いているのか、足首が腫れだした。またぶり返してきている。痛みが増してきたら、実にまずい事態に陥ってしまう。水を控えたのは、長時間の移動でのトイレ行きの支障が出るためである。が、確かに少しまずかったかも知れぬ。夜になってズンズンと痛みが増してくるのがはっきりと分かる。痛み止めの薬を日本に置いてこようと思ったが、持ってきて良かった。

 足首だけではなく、今日はもう一昨日の山行きが祟っていて、足の筋肉がパンパンに張っている。上りはまだいい。下りが非常にシンドイ。まるで老人だ。おっとっととよろけながら歩いている。と、写真どころではない。写真よりも自分自身のからだを保つ方に集中力が行ってしまって、シャッターを押す気力がないのだ。文章書きは大丈夫。まったく歩かなくて済むのだから。

 これからの予定をどうしようか、迷っていたが、結局、デリー戻りまでここにいることに決めた。なぜなら、やっぱり台本を書き上げてしまわないとまずいからであり、この足の痛みがすぐに引いてくれればいいけれど、長引いたらと思うとはっきりした動きが取れないからである。
 27日の夜にここを出て、するとデリーには28日の早朝着である。早朝に着いても、どうしようもないのだけれど、考え方としては空港に行ってしまって、空港で12時間くらい潰すという手もある。荷物を抱えてフラフラするのは非常に厳しい。ならば、ちょっとデリーの国際交流基金の事務所を訪ねてみるという手もある。

 明日は、チベット舞台芸術研究所で、授業風景を見学してくるつもり。
チベット人は日本人と似てるかと言えば、さほどでもない。僕にはどちらかと言えば韓国人や中国人に似ているなあ、と思える。インド人は、やはりドギツイ顔だ。このドギツイ顔になるように生きてきているのだから、仏陀も出てきたのだろうと思ってしまう。
by kikh | 2006-09-25 15:45 |
<< 9/25 ダライラマ 9/24 マクロードガンジ初日の途中 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク