人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
12/30 ミンガス
 LPレコードでは十数枚持っているチャーリーミンガスをCD化する作業を行なっている。
 ミンガスは素晴らしい。ぶっといベースの音ももちろんいいが、それ以上に、野太い全体構成が凄いのだ。ミンガスの音楽+エリックドルフィーの音が被さってくる「Mingus Presents Mingus」は驚喜もんだし、「Blues & Roots」に唸り、「The Clown」に叫び、と、いやいや、頭が下がりっぱなしであった。ミンガスを聴くと、何かをしたくなる。ミンガスは力だ。ミンガスの「直立猿人」を聴けば、一日中元気になれる、そんな気分になるくらいミンガスは晴れ晴れとした、黒々とした力を与えてくれる。みんな、ミンガスを聴け!ミンガスに圧倒されろ!こういうものが今、本当になくなってしまっている。適度に甘く、適度にオシャレ、適度に悲しく、適度に素敵。そんな感覚を一掃させてくれるのがミンガスなんだな。改めて、ミンガス、OH YAH!!!

 昨日、今日と中野のレコミンツという中古CD屋が全品300円引きだったため、ガボッと購入してしまった。もちろんミンガスではない。ミンガスなどほとんど中古屋には出ていない。人気がないのかしら。ミンガスのような凄い音楽家が売れないとは情けないが、決して情緒的な音楽ではないので、それが難しいのか?
 全品300円引きは、890円のCDを購入すると590円まで下がる。単価が低いCDを山ほど買うには適している。ほとんどのCDは1000円以上するのだが、その中にも890円というのがあって、その価格を中心に購入していった。ウェインショーターの昔のものやローランドカークなどなど涙ものがたくさんあって、ついつい膨らんでしまった。
 そのうち、基本的に好きなジャズを舞台に載せて、一本作品を作ってみたいと思っている。
 やっぱりミンガスやドルフィーなどなど、伝統と改革、改革とエナジー、こういうことを強く感じさせてくれる音楽はいい。いいが、今、実に少なくなった。耳に優しい音ばかりになってしまっている。
 先日、青木和冨さんとも話をしたヘンリースレッギルなんて日本では人気がなかなか出ない。日本盤もほとんど出ていないのではないか?日本はフニャフニャだ。
by kikh | 2006-12-31 11:33 | 日々の記録
<< 12/31 今年を振り返ってみる 12/28 睡眠 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク