人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
3/14 素直さ
 長くこういうことをやっていると、素直な人間がどれだけ得か、ということを常々実感する。

 素直でないならば、それはそれで良いが、際立った能力がなければ、下手をするとただダメなヤツとしかみなされない。だから、そういうきちんとした意識を若いときに植え付けられた人間は何と人生、得するだろうと思う。「際立った能力」と前述したが、これは天才的なレベルに能力のことである。ちょっと良い程度では、人はその程度のことは評価しない。みんな、自分に甘いから、ちょっと良いと褒められたいと思うだろう。しかし、素直さの前では、ちょっとした能力なんて簡単に消し飛んでしまう。

 しかし、素直であるためには、頭の良さを必要とする。頭の悪さも必要とする。直感力が優れていると言う意味でのアホウさ、だ。変に頭が良いと思っている人の中にはかなり直感力のニブイ人も多い。きわめて柔軟な感性と頭脳を持っている人でないと素直にはなれなかったりするから厄介である。
 日本の場合、社会性を持ち、社会適応力が高く、その限られた範囲でのみ、頭の良さを測ったりするから、しょうもないガチガチ頭脳が、頭が良いとみなされる傾向はあるのだけれど、本当の頭の良さとはそういうものではない。

 本日は、朝から延々喋り通し、午後2時まで。ホッと一息付いて、稽古場へ。
 研究生の稽古の方法を探っている。
 あまり卒公まで時間がないので、ガンガンやらねばならない。しかし、覚えが悪いから時間ばかりがかかってしまう。そして、意外にみんな、素直に見えて頑なである。
by kikh | 2007-03-15 00:42 | 日々の記録
<< 3/15 痛み 3/12~13 2009年度まで >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク