人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
土曜日。10,11ステージ目
 土曜日。10&11ステージ目。
 公演は佳境に入った。とは言え、6日ぶりの公演となる。
 狭い空間が立ち見で溢れ、の予定ではあったが、今日はともかく寒い雨降り。となると、急に申し込んできた人たちのキャンセルが相次ぎ、わずかの立ち見が出た程度で終わったから助かった。今から明日が怖い。
 今日のトークは演劇評論家の渡辺保さん。思っていたよりも遙かに楽しかった。なんだろうなあ、頭がやわらかいのだろうなあ。でも、ひとつだけ、気になったことがあった。それは「三人姉妹」の表現が「抽象的表現」と「日常的表現」が交互に出てくると言っていた点だ。僕自身は「三人姉妹」含め、すべての私自身の作品は抽象も具象もないと思っているのである。これを誤解されずに語るには時間が掛かりそうだったので言っていないのだが、一般に抽象と思われていることがまったく抽象なんかではなく、具象は僕にとっては抽象への入り口に過ぎないとさえ感じているのである。モノの見え方で抽象は具象になり、具象は抽象になり、そしてそれらは常に変転を繰り返していると考えている。そのなんとも曖昧な存在が、私自身のすべての作品ということになる。そして曖昧であって、境界がなくなることが肝心で、それゆえに新しい芽は生まれ出るのだろうと思っている。
 今日はサンパウロから、そしてニューヨークから、台北からとさまざまな国々の友人達が公演に訪れてくれた。みんな、大絶賛で、嬉しい限り。ニューヨークから、というのは、あのジョシュフォックスで、ファンタスティックを繰り返すばかり。明日も2ステとも見ると言っている。そういうヤツなんだなあ。
 
by kikh | 2005-02-20 00:55 | 演出
<< ラストデイト 教育だな、やっぱり >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク