人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
P.A.I.研究生発表会「ハモルーデンス」
 朝、帰京し、そのまま、「三人姉妹」の稽古へ。
 
 「三人姉妹」は、まだ橋本に問題がある。もっともっと切磋琢磨して欲しいと願っているが、なかなかゆっくりとした歩みは変わらずだ。その問題は心の問題でもある。だが、この人は絶対に才能はあるのだ。人は結局、何事であっても、心の問題がきわめて大きい。心という厄介物を背負い込んでいるのが私たちだから仕方ないのだが、それをどうやってクリアするか、である。
 みんな「わかってます」と返答する。こうやって軽々と言い、涙を流しているうちは全然変わっていかない。常に「頭ではわかる。でも・・・」という意識があるうちは変わらないのだ。たくさん、たくさんの人たちを見てきた。変わるときは人は変わる。絶対認識が変わらないと、そうそう簡単には人は変わらない。が、それが変わると、大きく変化する。「済みません」という謝り病も困ったモノだ。謝って済むモノではない、という認識が必要で、ならば次回からどうしたら謝らずに済むか、徹底して自分自身で感じとる以外ない。

 同じようなことをP.A.I.の研究生たちの公演を見て、感じた。総じて面白い。みんな、やるね、と思う。が、しかし、これにいったい幾ら払えるのか?と考えると、やはり厳しい。なぜなら、研究生として見ている分には、まあそこそこいいじゃない!!と言えるけれど、そこから一歩離れると、もっともっと切磋琢磨しないと厳しいだろう、お前たち!!と言いたくなってくる。プロは甘いものじゃないのだ。でも、意識が変わると変わる。しかし、意識はなかなか変えようとするだけで、変わっていかない。常にどこか逃げの意識を抱えているうちは変わらない。

 昨日のヤノベさんとのミーティングを思い出すと楽しくなってくる。「スウィフト」の、なにか、こうはっきりしないがアイデアを頂いたような気になっている。それはなんだろう。直感でしかない。が、まず間違えないから、これは行ける。
by kikh | 2008-01-13 01:33 | 日々の記録
<< 1/13 三人姉妹 ヤノベケンジさんとのMTG >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク