人気ブログランキング | 話題のタグを見る
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
4/28 日本にて
 P.A.I.が今年も始まる。思えばもうP.A.I.を十数年、やってきている。卒業生の数もかなりの数に上る。今年はどんな連中なのか、まだまだ分からない。いつも最後まで継続して、熱心に続けて欲しいと思うが、どうしても途中で脱線する者が数人はいるのが常である。そしてそれを超えるともう無我夢中の時間に突入する。しかし、その途中の脱線部分を、脱線せずに乗り切ることが最も肝心だろうといつも思う。なぜなら、そこで落ちる落ちないでは最終的な立ち位置が大きく変わるからであり、一度、落ちると取り戻すのにどうしても時間がかかるからだ。
 落ちても良いが、そのときに、取りあえず、やっていようか、と思えば、また違うはず。しかし、落ちると落ちたままになってしまう者も結構いるのだから、なかなか人の心理は難しい。悩んでいたってなんのプラスにもならないままに、悩み続けるのだが、取りあえず括弧に括っておこう、出て行こうと思えばいいが、悩みに埋没する。埋没したってなんの解決にもならないのに、そして解決には実行あるのみなのに、そういうところが多くは分かっていない。不思議なものだ。
 みんな、分かっている、と言いつつ、分かっているなら実行!!と思うことがよくある。なんでまあ、分かっているのにできないのだろう?それは欲望だったり、感情だったり、いろいろなものが自分の行く手を遮るからだろうが、そういう無駄なエネルギーを費やさなければずっと効率的に動けるはずである。
 その効率性を持つかどうかも才能だろう。効率性を持てないのが通常なのだろう。でも、自分が決めたことだ。決めたならば、やればいい。それだけのことだ。

 ひとり、面白い研究生がいる。大学を休学してP.A.I.に入ってきた。それも男である。こういう滅多にいないのを見ると、やっぱり浮き浮きする。
 日本人はどんどん保守化する。そして信号機、みんなで渡れば恐くない方式で、ずんずんと保守の道を歩いていくと、その先はハメルーンのネズミと一緒で、水底が待っている。あるいは、ゆりかごに揺られて、みんな隣人を気にしながら、一列に並び、少し遅れたとか少し先に行ったとか、妙な劣等感や優越感に浸りつつ、なんとなく人生を歩んでは、ワタシの人生なんだったのか?と思いつつ死んでいく傾向がある。お昼頃の昼食を取りに来たおばさんたちを見ていると、その旺盛で、辟易するお喋りにウンザリしながら、こうして毎日毎日、同じ日常を繰り返し、同じような立ち位置に立って、ちょっとの差異を見つけつつ、ちょっとした優越感を少しばかり得たいと思ってなんとか必死で生きているのだろうと思うと、その熱心さにわずかに熱くなると同時に、そのくだらなさに冷え冷えとした感触を味わう、ところが、人が生きるとはそういうことであるのは確かなのだ。でも、今の日本は生きにくい。とっても生きにくいことは間違いない。なぜなら、みんな多くがドヨーンとした顔をしているから、それがスタンダードになってしまっているからだ。もっともっと生きやすい社会を作れないか、本気で考える。今の日本は生きにくい。それだけになんとか日本でやってみようと考えている。
by kikh | 2008-04-30 23:25 | 日々の記録
<< 葛西さんの威光 hito >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク