人気ブログランキング |
★小池博史★演出家・振付家・美術家・作家・写真家

by kikh
 
5/29 休みなし
 休みなし状態がずっと続いている。
 この言い方は変か。休みがあっても休まないだけだから自分で欲していると言えなくもない。
 酒でも飲んでウダウダ過ごせばいいのだが、なかなかそういうわけにもいかず、じゃあ忙しいのかと言われるとそうでもない、と思う。気ぜわしいだけなのではないかな。
 効率化を計ればいいだけであるから、いいのだが、なんせ考えなくてはならないことが多く、休みと思っても脳が勝手に働くので休めない。ならば休まなければいいじゃないか?というだけのことだ。
 しかし、問題があって、一日中、頭を使っていると神経が緊張しているから、身体はその神経によって休まらない。身体に緊張感が残っている。運動するのが一番いい。そう、運動!であるが、なかなかしんどいなあと言う思いが先に立ってしまう。運動をし出すと、気持ちがよくなるのは明白なのに、腰が重い。ならば、風呂で、となるが、風呂だってボクはとてもじゃないが一時間も入っていられない。女性には一時間以上は毎日入ってます、なんて人がいるからつくづくスゴイと思ってしまうが、いったい風呂場で何をしているのだろう。ボクは面倒なのでたまにしか洗わない。そもそも皮膚を石鹸で毎日毎日、ゴシゴシと洗い続けるのがいいとはとても思えない。石鹸で洗うのは一週間に一回程度でいいのだ、という持論がある。毎日のように風呂に入っていれば、垢なんてそんなに溜まるもんじゃない。溜まったっていいじゃないか、という思いもある。

 テレビを付けたら、どこにどの程度の菌がいるか、清潔、不潔とやっていたが、しかし、こんなことはしないで欲しいものだ。多少の菌がいて当たり前で、それに慣れる身体を作る方がよほど重要であろう。無菌状態を欲すれば欲するほど、人の抵抗力は落ちるのだから、菌ともうまく付き合うことこそが肝心だ。

 つくづく人間とは難しい生き物だと思う。
 人との付き合いは、ウンザリさせられることが8割を占める。感情の生き物だから仕方がない。だからこそ、嫉妬も愛情も深いのだろう。新聞で、ある学者が人は愛情も他の動物に比べて深いのだ、と言っていたのを読み、なるほど、そうかもなあ、だからこそ、憎しみも深いのだろうし、憎しみが生じると、そこにはなぜ生じ、なぜそれが発展したか、という意識が消えて、単なる感情体になってしまうのだろうと感じる。そして本来、言語できちんと面と向かってやり合えば、すぐに解決することでも、直接対決は避けたがる。その結果、ますますあらぬ方向へ向かっていく。
 ただ、戦うのは無駄なエネルギーを使うことだ、と思わない方がマズイと思う。誤解から生じるつまらない戦いが多いのだ。
by kikh | 2008-05-30 07:42 | 日々の記録
<< 葛西さんとのコラボ 5/25 ワークショップ発表 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク